みなさんこんにちは。

寒くなったり暖かくなったりと、まだまだ天候の読めない日が続きますが、各地から「桜」開花のニュースが聞こえて来る時期となりました。

今回は、街全体にデジタルアートを使った桜イベントをご紹介します。また、飲食やお祭りの情報もお見逃しなく!

「日本橋 桜フェスティバル」開催

本日3月16日(木)から4月9日(日)まで、東京都中央区日本橋にて、毎年恒例となった「日本橋 桜フェスティバル」が開催されます。

以下、PASHADELICユーザーさんたちの美麗なお写真とともに、当イベントの見どころをご紹介していきます。

NIHONBASHI SAKURA GATE(ニホンバシ サクラゲート)

Photo by Koji Onoda  「COREDO室町 桜フェスティバル」

※お写真は昨年のものです

日本橋の商業施設、コレド室町1とコレド室町2の間の「仲通り」で行われるデジタルアートです。当イベント最大の見所といっても過言ではないかもしれません。

天井の短冊(たんざく)を模したライトが、桜を表現し、
道の両脇には、きらびやかな桜の提灯(ちょうちん)が続きます。

上のお写真ではわかりませんが、床は水色のライトがうねり、まるで川を歩いているかのような幻想的な光景となっています。

昼はたなびく短冊が、夜には映像・音響演出を加えたインスタレーションと、時間によって異なる演出もうれしいですね。

お近くを立ち寄られたさいには、ちょっと寄り道をされてみてはいかがですか?

日時

11:00〜23:00

※インスタレーション(映像演出)17:30〜20:00)

日本橋・桜ライトアップ

イベント期間中の夜は、日本橋を代表する建物である「三井本館」をはじめ、コレド室町など中央通り沿いの施設一帯が「桜」をモチーフにした幻想的なライトアップにつつまれます。

以下は昨年のようすです。

Photo by Takeo Hirose 「お江戸桜の宵」

Photo by Takeo Hirose   「お江戸桜の宵 2」

また、今年度は、昨年9月に新設された広場 福徳の森 でもライトアップが行われる予定です。
いつもと同じ場所の、いつもと違う風景。なんだか非日常を感じます。

あなたもこの非日常感、日本橋に行って体験されてみてはいかが?

桜ライトアップ会場一覧(イベント公式HPより引用)

三井本館、日本橋三越本店、日本橋三井タワー、江戸桜通り、福徳の森、コレド室町1・3、YUITO、東京駅八重洲口 グランルーフ、グラントウキョウ ノースタワー等

3日間限定のライトアップ!日八会さくら祭り

Photo by Hiroki Sekine  「朝桜」

東京駅の八重洲口から茅場町まで続く桜並木。

日本橋と、通称「八重洲さくら通り」と呼ばれるこの通りで、4月7日から4月9日の3日間限定でお祭りが催されます。

会場の一部は歩行者天国となり、夜には桜のライトアップも!
生演奏や、飲食の出店もたのしめる花見イベントです。

「日八会さくら祭り」日程 (日毎に時間が異なります。ご注意ください)

4月7日(金)17:00〜23:00

4月8日(土)11:00〜22:00

4月9日(日)11:00〜15:00

 

食べ物も充実!花より団子?「日本橋桜メニューウォーク」

きれいな景色だけでなく、おいしいものも食べたいですよね。

日本橋の飲食店では、「日本橋 桜フェスティバル」の期間中限定の桜メニューをラインナップしています。
参加店舗数は、なんと109店舗。
また、実際に店舗で桜メニューをオーダーすると、うれしい以下の特典が。

・桜メニューワンオーダーにつき、桜バッジ1個をプレゼント

・1エリアごとにもらえるスタンプを3つ集めると、豪華賞品の当たる抽選会に参加可能!

いろんな楽しみかたがある「日本橋 桜フェスティバル」
行けばきっと春の素敵な思い出になるはず。
この記事を読んで興味の湧いた方は、ぜひ実際に足を運んでみてくださいね!

公式HP

三井不動産 まち日本橋「日本橋 桜フェスティバル2017」

PASHADELICウェブマガジンでは、

写真投稿&撮影場所共有サービスPASHADELICに投稿していただいたお写真とともに、

旬なイベントや季節のニュース、カメラ好きのみなさまに役立つ情報を記事にして配信しています!

ぜひぜひチェックしてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【2017.3.19 訂正】

「NIHONBASHI SAKURA GATE(ニホンバシ サクラゲート)」の説明に

「会場は室内のため、昼間でも、雨の日でもデジタルアートがご覧いただけます。」との表記がありましたが、誤りです。会場は室外になります。

確認が不十分でご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。