皆さんこんにちは!
M中です!

本日は、題名のとおり私が行きたい!行くであろう撮影場所をまとめましたのでご紹介します!

基本、私が探す撮影場所は……

お金の掛からない・掛けたくない(ビンボー・ケチ!)

のが前提条件であり、コミコミで10万円くらいで行ける近場になります。

紹介する場所で気になったのがあったら行ってみてはいかがかな?

発光きのこ(日本:八丈島)


写真家:George Han (※写真は台湾に生息している発光きのこになります。)

見れる時期:7月下旬から1ヶ月間

恐らく、この記事を見ている半分以上の方が発光きのこの存在を知らないと思いますが存在します!

幻想的な感じがして撮ってみたくなりませんか!?

関東圏にお住まいの方は10万円で行けると思います!

関東圏でない方は、高知・沖縄・台湾(台湾マスターより)にも生息していますので撮ってみてください!
※発光きのこは各自然公園の中に生息しており、デリケートな植物ですので撮影マナーには十分気をつけましょう。

最悪、栽培キットがネットで買えますので、すぐにでも見たい方は探して購入してくださいw

◎空路
羽田⇔八丈島(往復):約20,000円

二王洞(中国:重慶)

スミマセン!二王洞の写真も重慶市の写真も見つかりませんでした!(絶賛募集中!)
そして最初に行っておきます……。

この場所は、行けない!または、行くことが難しい場所になります^^;

この記事を書く前に少し調べたら、探検家・冒険家じゃないと行けないと分かりました。

ただ、いつかは行ってみたい!

【二王洞 重慶】で調べてもらえれば分かると思いますが、かなり撮りがいのある場所と思われます。

重慶までは10万円で行けますし、他にも色々と撮影場所がありますので行けるところまで行ってみるのもありかも??

◎空路
成田⇔重慶:約9,000円~30,000円

張家界国家森林公園(中国:帳家界市)


写真家:Takehiro Tokita

去年ブームになった【ガラスの吊り橋】がある場所になります。
この張家界には吊り橋の他にも色々とあり、世界遺産である武陵源などもあります。朝早い段階に行って雲海と一緒に撮ってみたいですね!

こちらは全然調べてないですが……ギリギリ10万円か、ちょっとオーバーで行けると思います^^;

◎空路
羽田⇨上海⇨張家界(往復):約70,000円

紫禁城角楼(中国:北京)


写真家:Mr二货

昔、ゲームボーイソフトの紫禁城というソフトで城の存在を知り、行きたいけど未だに行けいていない場所になります。

紫禁城角楼は、日本の城に例えると角櫓(すみやぐら)と同じです。

紫禁城のお城は観光目的。角楼は撮影目的で行ってみるといいかもしれませんね!

角楼の周りに植物もありますので行く四季によって色々撮れると思います!

あとは、場所的に簡単に撮れるお手軽撮影スポットなのかな!?

◎空路
羽田⇔北京(往復):約50,000円

香港(中国:香港特別行政区)


写真家:juniti kataoka

写真家:Takashi Hoshi

昔から香港アクションが好きで、格安航空券(LCC)を使って行きたいと思っておりますw

往復航空券が約2万円っぽいので、残りの8万円で計画できます!w

撮影対象は主に建物だと思いますので、比較的お手軽な撮影スポットを巡る感じかと思います。

◎空路
羽田⇔香港(往復):約20,000円

本日のまとめ

本日も最後まで読んでいただき有難うございます!

どこか行きたいところありましたか??

行きやすさと旅費を考慮して優先順位を付けるとしたら……

  1. 発光きのこ
  2. 香港
  3. 紫禁城
  4. 張家界
  5. 二王洞

と、なるのかなぁ~

どこか一箇所、今年に行きたいですねぇ!

あなたからの二王洞の投稿をPASHADELICでお待ちしております!w

ではまた!

エンジョイフォト!