東京の桜の開花は3月24日頃と発表されました。

桜前線がどんどん北上し、仙台の4月11日をはじめ、

東北地方は4月中旬に綻びはじめると予想。

もし桜を見逃しても間に合う、東北の桜の人気撮影スポット5選を

パシャデリックが厳選して紹介します。

※ 「一度は撮りたい!関東の「桜」名所撮影スポット5選」はこちら

※ 「一見の価値あり!中部の「桜」名所撮影スポット6選」はこちら

※ 「一見の価値あり!九州の「桜」名所撮影スポット5選」はこちら

 

1.白石川堤一目千本桜(宮城県 大河原町)

Photo by shachi takahashi

大河原町から柴田町にかけて白石川堤に咲き誇る、桜のトンネル「一目千本桜」。

残雪が残る蔵王連峰を背景に約8kmにも及ぶ桜並木は、街のシンボル的存在で
毎年春の開花期には、多くの花見客で賑わいます。

桜の開花時期にあわせて「おおがわら桜まつり」が4月5日~20日に開催。
また午後6時頃からライトアップも行なわれます。
ライトアップされた幻想的な夜桜は、昼とはまた違った装いが楽しめ
フォトグラファーにも人気です。

ぜひ春のうららかな日差しを浴びた桜並木を、明かりに照らされた夜桜を
写真に収めてみてはいかがですか。

 

白石川堤一目千本桜 詳細情報

見頃:例年4月上旬~4月中旬

所在地: 宮城県柴田郡大河原町金ケ瀬~柴田町船岡土手内

料金: 無料

営業時間: 24時間

駐車場: あり(河川敷臨時駐車場:一般車500円/台)

交通:JR東北本線大河原町から徒歩3分(おおがわら桜まつり会場)

「大河原町」による情報はこちら

 

2.北上展勝地(岩手県 北上市)

Photo by shun1978

東北有数の桜の名所として知られ、
「さくら名所100選」や「みちのく三大桜名所」に数えられる、
北上川の河畔にある「北上展勝地」。

樹齢90年以上の500本のソメイヨシノが珊瑚橋から北上川沿い
2kmにわたり続く桜の回廊のほか、
展勝地公園内293万平方メートルの敷地内には約1万本の桜が咲き誇ります。

4月15日から5月7日まで「北上展勝地さくらまつり」が開催。
夜にはライトアップもあり、川面に映る夜桜も楽しめます。

また陣ヶ丘から望む北上川沿いの桜並木も見どころのひとつです。
青空に泳ぐ鯉のぼりや満開の桜並木を走る観光馬車など
フォトグラファーならば写してみたいシーンに出会えるのもここならでは。

写真のようにSLと一緒に撮ることもできますよ。

 

北上展勝地 詳細情報

見頃:例年4月中旬~5月上旬

所在地: 岩手県北上市立花

料金: 無料

営業時間: 24時間(園内の施設は要問い合せ)

駐車場: なし

交通: JR東北新幹線北上駅から並木まで徒歩約20分

東北自動車道北上江釣子IC・北上金ヶ崎か車約15分

「北上市」による情報はこちら

 

3.観音寺川の桜並木(福島県 猪苗代町)

Photo by Atsushi Katahira

平成9年に日本桜の会から表彰された桜の名所「観音寺川の桜並木」。

観音寺から磐越西線川桁駅までの約1kmに渡り、
護岸工事がされていない自然のままの姿を残す観音寺川。

清らかな水が流れる両岸に桜が咲き誇ります。

約200本のソメイヨシノの美しい桜並木の薄紅色と
土手の緑のコントラストを楽しむことができます。

せせらぐ小川と川沿いに花開く桜ののどかな光景は
人々の心を和ませてくれます。

ぜひのんびりとした美しい光景を切り取ってみてくださいね。

 

観音寺川の桜並木 詳細情報

見頃:例年4月下旬~5月上旬

所在地: 福島県耶麻郡猪苗代町大字川桁観音寺川畔

料金: 無料

営業時間: 24時間

駐車場: 無料(約100台)

交通: 磐越西線川桁駅から徒歩1分、磐越自動車道猪苗代磐梯高原ICから10分

「一般社団法人 猪苗代観光協会」による情報はこちら

 

4.松が岬公園(山形県 米沢市)

Photo by Takahiro Oouchi

上杉家の居城と知られる米沢城の城址で、明治時代に開放された「松が岬公園」。

お濠に囲まれた米沢城址本丸の濠沿いに約250本のソメイヨシノが咲き
その姿を見ようと多くの観光客が訪れます。

樹齢約100年以上の歴史を刻んだ桜が、濠の水面に映える情景は格別の美しさ。

プロカメラマンが厳選した絶景スポットを紹介する「ZEKKEI AWARD」で、
世界に伝えたい日本の春の絶景のスポットとして選ばれています。

開花の期間中は、米沢上杉まつりも開催。
公園一帯には露店が軒を連ねて多くの人で賑わいます。

写真のようにライトアップされた夜桜は、妖艶な雰囲気を醸し出し
数多くのフォトグラファーを魅了しています。

 

松が岬公園 詳細情報

見頃:例年4月中旬~4月下旬

所在地: 山形県米沢市丸の内1

料金: 無料

営業時間: 24時間

駐車場: あり(松が岬おまつり広場駐車場)約300台

交通: 米沢駅よりバス10分上杉神社前下車徒歩2分

「一般社団法人 米沢観光コンベンション協会」による情報はこちら

 

5.弘前公園(青森県 弘前市)

Photo by Ken-Ichi Furukawa

Photo by Yamauchi Taishi

 

Photo by Masataka Yoshimura

 

東北と言えば弘前公園の桜と言われるほど、観光客に人気のスポット。

弘前の桜は1715年に藩士が京都の嵐山から桜を持ち帰り
植えられたのが始まりとされています。

日本一と言われる弘前の桜は、ひとつの花芽からいくつも花が咲き、
ボリュームのある花びらが特徴。

約2600本の桜が一面を飾り、西堀では桜がトンネルのように頭上を覆います。

園内のシンボルである天守閣や赤い橋を背景に咲き誇る桜は日本情緒にあふれ、
フォトグラファーにも人気の撮影スポット。

そして何よりも、お濠の水面が花びらで埋め尽くされ、
まるで桜の絨毯のような花筏(はないかだ)は息を飲む美しさ。

散り際の美しくも儚いその光景は、多くの人を魅了しています。

弘前さくらまつりは4月22日~5月7日、ライトアップは午後6時半~午後10時開催。

今年の弘前公園の開花予想は3月17日現在、平年並みの4月23日と発表されました。

GWまで楽しめるので、ぜひ撮影計画にいれてみてはいかがですか。

 

弘前公園 詳細情報

見頃:4月下旬~5月上旬

所在地: 青森県弘前市下白銀町1−1

料金: 無料(一部有料)

営業時間: 24時間

駐車場: 臨時駐車場無料(富士見橋、岩木場ほか)

交通: JR弘前駅から徒歩30分

弘前さくらまつり期間中は堀越雪置き場から土手町(南瓦ヶ町バス停)乗り場まで無料シャトルバスが運行

「弘前公園」による弘前さくらまつりの情報はこちら

 

春うららかな澄んだ空気のなか、ゆっくりと時間が流れ、

桜の薄紅色に染まった豊かな自然を満喫できる東北地方の桜。

一瞬で花開き散ってしまう桜の北上前線を追いかけて

少しでも長く楽しめるのが東北の桜の魅力ですね。

 

【撮影するにあたっての補足】

花見の季節は普段、三脚がOKな場所も大混雑で禁止されることがほとんです。

にもかかわらず、三脚や三脚でなければいいだろうと折りたたんで
一脚にして撮影している人をしばしば見かけます。

たとえ三脚禁止が書かれていなくて、状況をみながら周囲に迷惑をかけないことが節度あるマナー。

そして限られた状況でも撮れることが、真のフォトグラファーです。

 

紹介した写真はこちらから↓↓ 日本全国、世界各国の絶景スポットがわかる!

撮影場所共有&口コミサービスPASHADELIC

シェア
前の記事今日から「日本橋桜フェスティバル2017」デジタルアートに夜桜、花見祭り
次の記事笑顔を撮ることは、すごいこと
川窪 葉子(Yoko Kawakubo)
株式会社grooo エディター&カメラマン http://grooo.co.jp/ 大学卒業後、老舗総合商社経て、外資系企業や総合出版社、新聞社、音楽配信会社の編集部に所属。 現在はWEBシステムサービス・オフショア開発、コンテンツマーケティング会社編集部員として、マーケティング知見による写真選別やプロカメラマンをまとめたりしながら、自らも取材・撮影・執筆・セミナーを行う。最近では千代田区観光協会「魅力発信発掘賞」受賞。リクルートSUUMOや東京駅100周年記念などコンテスト入賞多数。富士フイルム公式HPレンズ別作例9作品など掲載多数。シダックスカルチャーセンターなどで写真講師も行う。