これが「ジュエリーアイス」だ!

こちらはPASHADELICユーザーのYouhei Kuboさんが2017年1月12日 に撮影されたジュエリーアイスです。時刻は朝7時28分。
地平線の向こうから昇る陽の光が、いくえにも重なる氷の数々をうつくしくライトアップしたそのようすは、さながら宝石のよう。

まさに「ジュエリーアイス(氷の宝石)」と呼ぶにふさわしい光景。

こちらはPASHADELICユーザーのmitu mituさんによる撮影です。

2017年1月14日 、さきほどご紹介したお写真より少しだけ早い時間に撮影されています。
どちらのお写真も、朝日が薄氷を輝かせてるようすがとても感動的です。

いつ、どこで見られるの?

ジュエリーアイスは、北海道豊頃町の大津海岸で見ることができます。

時期は毎年1月中旬〜2月中旬とされていますが、氷が海岸に打ち上げられるタイミングや、溶けてなくなり始めるのがいつなのかは、毎年すこしちがいます。

豊頃町の公式HPでは、ジュエリーアイスに関する情報をこまめにUPしてくれています。
この絶景を生で見てみたい!というかたは、ぜひお出かけの予定を立てる前に、豊頃町公式HP とよころ観光ガイドの「お知らせ」をご覧になってください。
親切にも、職員さんらが写真付きでジュエリーアイスのようすを教えてくれています。
(豊頃町役場から大津海岸は、車で行けば30分程度ですが、それでも20kmほど離れています。職員さんに感謝です^^)

魅力的な風景が撮影できる大津海岸

せっかくなので、今冬の以外のお写真もご紹介したいとおもいます!

Photo by dct

こんなふうに、近距離から氷を撮影して、太陽の光をぼかすやりかたも。

Photo by Mitsunobu Kataishi​

こんなダイナミックな風景も!!

魅力がいっぱいの大津海岸です。

撮影時の注意点

ジュエリーアイスが見られる時期の北海道は、とっっっても寒いです。
海岸であれば、なおさらのこと!

Noe Arai さんのこちらの記事や

Kenji Yamamura さんのこちらの記事で

氷点下での撮影時の服装について書かれています。
暖かくても困ることはありませんので「着込みすぎ」と思うくらいに着込んでいきましょう。
正直、貼れるカイロを貼って、どれだけ着込んでも、暑くはならないと思います。

せっかくの撮影(または観光)ですので、手がかじかんでシャッターがうまく押せない、寒くて楽しめない……なんてことのないよう、防寒対策はしっかりとしていきましょうね^^

今が旬!のジュエリーアイス。

あなたもこの感動的な景色をカメラに収めてみては??

PASHADELICでは、皆様の旬なお写真の投稿をお待ちしております!

もちろん「旬なニュースを写真で伝える」facebookページでも、投稿をお待ちしております!