北海道の桜は、4月下旬から5月下旬までの遅い時期です。
ゴールデンウィーク等、北海道へ旅行計画中の方はまだまだ間に合いますので、私が紹介しますベスト3と番外編の桜スポットに行ってみては!?

1.函館市 五稜郭公園

Photo by Hiroshi Tanita

五稜郭公園 詳細情報

場所:函館市五稜郭公園こちらを参照ください。

五稜郭公園には、約1600本のソメイヨシノが植えられており、星形の城郭一面に咲きます。

掘りがあり、水面に映る桜も綺麗です。

 

五稜郭公園 桜の見頃

見頃時期は5月上旬から中旬で、夜は桜のライトアップを楽しめます。

入場は無料、駐車場は公園内の駐車場をご利用ください。

五稜郭公園の公式ホームページはこちら

 

2.新ひだか町 二十間道路の桜並木

二十間道路の桜並木 詳細情報

場所:新ひだか町字田原~字御園 

約3,000本もの桜が直線で約7kmにもわたって咲き誇る二十間道路、

そのスケールは日本でもなかなか見られない迫力あります。

さくら名所100選」、「日本の道100選」、「北海道遺産」に選定されるなど

北海道の桜名所に欠かせない。桜の7割はエゾヤマザクラ(正式名称 オオヤマザクラ)で、

その半数以上が樹齢80年を超えるそうです。

 

二十間道路の桜並木 桜の見頃

約7kmの桜並木に沿って無料駐車スペースがあります。

入場は無料。2016年は5月6日頃が満開でしたが

例年5月上旬から中旬の満開時期に「さくら祭り」が開催されます。

詳しくは新ひだか町ホームページを参照ください。

 

3.松前公園

Photo by Yutaka Hisano

 

松前公園 詳細情報

場所:松前町字松城・西館。 

松前公園には、エゾヤマザクラカスミザクラソメイヨシノサトザクラほか250種類

本数は約10,000本植えられています。

 

松前公園 桜の見頃

松前城跡に隣接する松前公園、道内きっての桜の名所です。

 現在は、250種約1万本の桜が、早咲きから遅咲きまで約1ヶ月間楽しめ、

毎年行われる「松前さくらまつり」は、全国から多くの観光客が訪れるほどの盛況ぶりです。

詳しくは 北海道松前観光奉行ホームページより参照ください。

 

4.番外編

Photo by Keisuke Hamaguchi

旭山公園

場所:旭山公園(旭川市東旭川町倉沼)、旭山動物園に隣接する旭山公園。

大正時代に屯田兵が約1000本の桜を植えて、現在は約2400本の

エゾヤマザクラを見ることができます。

例年、夜にはライトアップされ、夜桜を楽しめます。

無料駐車場があります(*^^*)

 

Photo:NaoAkimoto

聖台ダム

場所:聖台ダム(美瑛町赤羽)

春は、桜・カタクリの名所です。毎年5月中旬頃に桜が咲きます。

こちらも無料駐車場があります(*^^*)

 

5.最後に。

いかがでしたか?

北海道の桜は、4月下旬から5月下旬までの遅い時期です。

日本で最も桜の開花が遅いのは 根室市、清隆寺千島桜、北海道100年記念名木でもあり、約150年という日本最大の樹齢。5月中旬から下旬が例年見頃。

南で桜が咲く頃に、北海道は雪が降っています。

南の桜から、北の桜まで撮り収めて見る、日本縦断も面白いかもしれませんね。

 

是非今年は、北海道の桜を撮りませんかo(^u^)o

 

桜の写真は!沢山「Pashadelic」に投稿してくださいね(ノ^^)ノ

そして待望のPashadelic iOS APP が完成しました。

Pashadelic APPからも沢山の投稿をお待ちしています(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

シェア
前の記事笑顔を撮ることは、すごいこと
次の記事意外と知られていない京都の「桜」名所 撮影スポット紹介
Nao Akimoto
1973年生。北海道旭川市在住。フリー・フォトグラファー。 ​中学生で親からcanon AE-1Pを譲り受け、美瑛の丘をモノクロで撮影していた。美瑛の空と出会って美瑛の星空に魅了される。「星たちの声〜Voice from the stars〜」(サイト参照)を、毎日の様に星空を追って美瑛へ通う。 ​星空に出会えない時は、旭川空港で夜のヒコーキを撮影。FPA2015他コンテスト選出多数。 LINE blog http://lineblog.me/naoaki1973/