はじめに

こんにちは。朱門です。

今回は長時間露光撮影や寒冷地での撮影で役立つカメラ用外部電源の”CASE RELAY”という商品をご紹介したいと思います!

地味ですが、今やこれがないと撮影に困るほどに重宝している便利グッズです!

 

CASE RELAYとは

いきなりCASE RELAYのHPの紹介文から引用しちゃうと、

世界初のカメラ無停電電源装置

・モバイルバッテリーやUSBアダプターからカメラに電源を供給可能。
・1200mAhの電池が内蔵され、カメラの専用モバイルバッテリーとしても使用可能。
・モバイルバッテリーやUSBアダプターとの連携で、無停電電源装置として使える。

とあります。難しい言葉がいくつか並んでいますが、簡単に言うと

  1. カメラのバッテリーの代わりにUSBバッテリーが使えます。
  2. CASE RELAY本体にもバッテリーが内蔵されているので、万が一USBバッテリーが空になっても大丈夫です。
  3. USBバッテリーを交換しても電源が落ちないので、USBバッテリーを交換し続けられます。つまり永遠に電源ON状態のままカメラを使用することも出来ます。

最近はカメラのUSBコネクタにUSBバッテリーを接続することで給電可能なカメラもあるので、1.については特に珍しくないように聞こえますが、このCASE RELAYが便利なのはUSBバッテリーを接続するためにUSBコネクタを使う必要が無いという点です。(じゃあどうやって接続するの?という謎は後で分かります。)

ソニー α7シリーズユーザーの方々はよくお分かりだと思いますが、シャッターレリーズとUSBバッテリーの併用が可能というところが一番のポイントだったりします。

 

活躍する場面

ミラーレスカメラは本体サイズが小さい分、容量が小さいタイプの電池が採用されていることが多く、1個の充電池の撮影枚数が一眼レフカメラと比較すると少ない傾向にあるようです。

ミラーレスカメラを使って長時間露光撮影や、タイムラプスなどで長時間の連続撮影を行う場合は電池容量不足が悩ましい問題でしたが、このCASE RELAYと大容量USBバッテリーがあればバッテリーを気にすること無く撮影し続けることが出来ます。

また、-10°~-30°くらいの寒冷地などで撮影する際にもバッテリーが冷えてしまうことで容量不足となり撮影が出来ないなんてことがよくありますが、こんな時にもCASE RELAYを使うことでバッテリーを温めながら撮影を行うことができ、低温によるバッテリー容量低下を防ぐことが出来ます。

 

必要なもの

  1. CASE RELAY本体
    もちろん。CASE RELAY本体が必要です。
  2. DCカプラー
    CASE RELAYを使う時は、使用するカメラに合ったDCカプラーというものが必要です。
    ↓の写真はソニーのα7シリーズ用のDCカプラーになります。
    こちら(http://www.cheeringtech-japan.com/img/file1.jpg)に対応するカメラが書いてありますので、ご確認下さい。
  3. USBバッテリー
    スマホなどの充電用のUSBバッテリーが必要です。
    様々な容量のものがありますが、基本的にはどれでも使用可能です。

 

使用方法

使用方法は簡単です。

  1. まずカメラの電源を切り、バッテリーを外しておきます。
  2. CASE RELAY本体(あらかじめ充電しておく)にDCカプラーを接続します。
  3. CASE RELAY本体にUSBバッテリーを接続します。
  4. DCカプラーをカメラのバッテリーの代わりに挿入します。
    このとき、ケーブルがバッテリーの蓋にあたることがあります。
    その場合バッテリーの蓋にケーブルを出すための切掛けが付いてるので、そこからケーブルを外に出し、蓋を閉めます。
  5. カメラの電源を入れます。

※カメラの電源を入れるとバッテリー残量が少なく見えることがありますが、そのまま使用できます。

 

気になる部分

ケーブルが邪魔。。

お気づきかもしれませんが、ケーブルと本体が邪魔なのであまり手持ち撮影には向きません。(ポーチに入れるなどすれば使えないことはないですが。。)

そのため、主に三脚で撮影する場合に向いていると思います。

また、三脚で使用する際は、三脚の足やエレベータ下のフックなどで固定すると風でブラブラせず良いです。

気になるのはそれくらいですね。後は便利に使えてます。

 

どこで買える?

私がこの商品を発見した当時はまだ国内での取扱はなかったため、その時は海外で購入したのですが、現在(2017.3月)は日本国内でもCTJ株式会社さんから購入することが出来ます。

AmazonやYahooショップもあるので便利です。

詳しくはこちら(http://www.cheeringtech-japan.com/service.html)をご確認ください。

 

まとめ

今回はカメラ用外部電源グッズの”CASE RELAY”を紹介しました~。
特にミラーレスカメラをご使用で電池の持ちが悪いな~という方には最適のお悩み解決グッズですので、是非参考にしてみて下さい。

 

おまけ

詳しい商品情報についてはコチラ(http://www.cheeringtech-japan.com/img/file1.jpg)の商品紹介もご確認下さい。

それでは。また。