はじめに

神奈川県藤沢市江の島にあるサムエル・コッキング苑は、藤沢市立の有料観光施設です。

苑内に江ノ島電鉄の経営する、江ノ島展望灯台があります。

明治時代の英国人貿易商「サムエル・コッキング」に由来する、南国ムード溢れる植物園です。
2017年2月現在、約20,000本の早咲きチューリップが、見ごろをむかえています。
湘南の宝石と呼ばれる光と色の祭典は、2017年2月19日まで開催される予定です。

営業時間が短いのでご注意ください。9:00~20:00 (最終入場 19:30)です。
ハイシーズンには、平日でも1時間延長していることもあるので、
こちらの施設のページを参照して、お問い合わせください。

 

1. 江ノ島展望灯台 Sea Candle

江ノ島サムエル・コッキング苑にある、海のキャンドル、江ノ島展望灯台です。
旧江ノ島灯台跡の土台がそのまま使われています。
湘南の稲村ケ崎からもみえる、江ノ島のシンボルですね。 ^-^*

Photograph by Noe Arai

 

2.  早咲きチューリップ

こちらの苑に植えられているのは、湘南の宝石と呼ばれる光と色の祭典のなかに咲く、ウィンター・チューリップです。

色も人気のある赤やパステル・カラーで、爽やかな雰囲気ですね。
イルミネーションが華を添えて、ロマンティックです。
カメラ女子もたくさん訪れています。 ^-^*

Photograph by Noe Arai

パルテルカラーのチューリップは、爽やかで、美しい少女を連想させますね。
イルミネーションの灯りで、とてもロマンティックです。 ^-^*

Photograph by Noe Arai

 

3.  イルミネーションと水仙

チューリップ以外でも、水仙が咲き始めて、
初々しい姿が綺麗でした。
背景のイルミネーションの光をうまく使うと、
玉ボケが綺麗です♪
2017年1月28 日撮影

Photograph by Noe Arai

4.江ノ島へのアクセス

車の場合は江ノ島内に、有料駐車場があります。

電車は江ノ島電鉄は 江ノ島駅から徒歩25分、
小田急江ノ島線 片瀬江ノ島駅から徒歩20分です。

藤沢駅、大船駅からバスがあり、江ノ島停留所で降りると、コッキング苑まで徒歩8分です。

詳しくはこちらの交通アクセスをご覧ください。

 

まとめ

PASHADELICのコッキング苑のページではこちらの位置情報や、他の写真もみることができます。

皆様も PASHADELIC にログインして、美しい風景をご覧になり、憧れの地を実際に訪れてみませんか。
新しい 「旬なニュースを写真で伝える」facebookページ  も、
とても参考になりますので、お時間がありましたらぜひご覧ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございます♪ ^-^* Noe Arai