はじめに

本格的な登山はしたことがない私ですが、以前ニュージーランドのミルフォード・トラックを、4日かけて歩いたことがあり、山岳写真への憧れがあります。PASHADELICで拝見して、以前から気になっていた、南アルプス「北岳」の写真をピックアップしてみました。

撮影の遠征計画は、数カ月前からたてておくと、一番良い時期に、現地へ行けますね。北岳を撮るのに適した時期は、7月から9月初旬位だそうです。ゴールデンウィーク頃には7月の旅行計画をたてるとスムーズですね。^-^*

 

1.北岳

白峰の北岳は、日本で富士山に次いで高い山です。
白峰は通称白峰三山と称し、3000mを抜く山5座が、南アルプスの北部に連なっています。北岳(3192m)、中白峰(3055m)、間ノ岳(3189m)、西農鳥岳(3050m)、農鳥岳(3026m)の5つです。この連山の最北にある故、北岳という名前になったそうです。

参照 登山情報サイト Yamakei Online

こちらは、Atsushi Kamizuruさんの北岳登山道の写真です。

Photograph by Mr. Atsushi Kamizuru

北岳登山の拠点となるのが、北岳山荘です。南アルプス国立公園内の赤石山脈の北岳から、中白根山にかけての鞍部、標高2,900m地点にあります。山梨県南アルプス市営の山小屋です。

こちらはTakahiro Shirakiさんの、「北岳の稜線」です。


Photograph by Mr. Takahiro Shiraki

 

2.   北岳と甲斐駒ケ岳

甲斐駒ケ岳は日本百名山の一つに数えられ、全般になだらかな南アルプスの中にあって、数少ない急峻な山容です。
駒ヶ岳と名が付く山は日本に18座ありますが、標高2970mの甲斐駒ケ岳はその最高峰です。
参照 日本アルプス登山ルートガイド

こちらは、Atsushi Kamizuruさんの「北岳と甲斐駒ケ岳」です。
切り立つ山の稜線が、厳しくも美しいですね。

 

Photograph by Mr. Atsushi Kamizuru

 

3.   北岳山荘付近からの富士山

こちらはSoichiro Kajitaniさんの「雲上の星空」です。雲海のむこうに富士山が観えますね。^-^*

Photograph by Mr. Soichiro Kajitani

こちらはPASHADELIC代表の、Kenji Yamamuraさんの、美しい雲海と富士山です。

Photograph by Mr. Kenji Yamamura

 

まとめ

北岳山荘は、収容人員150人。北岳稜線小屋の過密利用の解消と南アルプス北部における安全登山などの指導拠点として1978(昭和53)年7月、山梨県が設置しました。
鉄骨2階建て。食堂の利用人数は1度に60人。7月中旬以後、客室からは富士山の左方から登る日の出が望めます。
夏山シーズン中(7月中旬から8月中旬)は、昭和大学により診療所が開設されます。キャンプ指定地で、80張り可能です。

開設は6月中旬~11月上旬。何と9人以下は、事前予約が必要ありません。

こちらでご紹介したAtsushi Kamizuru氏は、山岳ガイドを仕事としてされています。山登り初心者や中級者の方は、ガイドして頂くと安心ですね。^-^*

参照 南アルプス市広報 北岳山荘

PASHADELICの場所情報もあわせて、ぜひご覧ください。北岳山荘

皆さまもPASHADELICへ、無料登録をして、世界中の美しい風景写真をご覧になりませんか。
新しく開設された、FBサイト「旬なニュースを写真で伝える」にも、
撮影場所のご紹介があります。ぜひご覧ください。
最後まで読んで頂き、ありがとうございます♪ ^-^*