東京の桜は満開を過ぎて、週末の花散らしの雨で
あちらこちらで花びらの絨毯が見られるようになりました。

これからは、桜前線がどんどんと北上し、東北地方が見頃を迎えます。

今回は福島の桜の人気撮影スポット5選を、パシャデリックが厳選して紹介します。

※ 「一度は撮りたい!関東の「桜」名所撮影スポット5選」はこちら
※ 「一見の価値あり!中部の「桜」名所撮影スポット6選」はこちら
※ 「一見の価値あり!九州の「桜」名所撮影スポット5選」はこちら
※ 【写真好きが選ぶ】東北の「桜」名所撮影スポット5選」はこちら
※ 【写真好きが選ぶ】北海道の「桜」名所撮影スポット5選」はこちら

 

1.三春滝桜(田村郡 三春町)

photo by Keiichi Kikuchi

大正11年に根尾谷の淡墨ザクラ(岐阜県本巣市)、山高神代ザクラ(山梨県北杜市)などとともに
国の天然記念物の指定を受けた「三春滝桜」

日本三大桜の一つにも数えられ、岐阜県の淡墨桜と東西の横綱に位置づけられている
日本を代表する桜の名木です。

樹齢推定1000年超といわれるエドヒガン系の紅枝垂桜(ベニシダレザクラ)。
樹高は13.5m、根回りは11.3mの巨木で、間近で見るその姿は圧巻です。

2011年の東日本大震災により枝が折れるなどの被害を受けました。
しかしながらその後も毎年、力強く桜の花を咲かせる姿は、
復興に向けた福島県のシンボルともなっています。

夜にはライトアップを開催。
薄紅色の花びらが滝のごとく咲き誇り、
漆黒の闇夜に浮かび上がるその姿は、幽玄で幻想的です。

詳細情報

見頃:例年4月中旬から下旬

所在地: 福島県田村郡三春町大字滝字桜久保296番地

料金: 無料

営業時間: 24時間

駐車場: 無料(850台)

交通: JR三春駅下車後、臨時バス滝桜号(有料)に乗車 ※滝桜の開花シーズンのみの運行
磐越道船引三春IC下車後、約20分。または磐越道郡山東IC下車後、約30分

「三春町」による情報はこちら

 

2.桜峠(北塩原村)

photo by Tsuyoshi Yamazaki

オーナー制により植樹した約3000本の桜が咲き誇る「桜峠」
その名のとおり、オオヤマザクラが峠一面を薄紅色に染めます。

この3000本のうちの2001本は、2001年に皇太子ご夫妻の長女愛子さまの生誕を祝って
全国から植樹オーナーを募って植えられた桜です。

ここの桜は、場所によって開花時期が違うため、長い期間楽しむことができます。
山側からは雪に覆われた白い飯豊山と一緒に撮影することができますよ。

また毎年、4月末からゴールデンウィークまで「さくらまつり」が開催されます。

詳細情報

見頃:例年4月下旬~5月上旬

所在地: 福島県耶麻郡北塩原村大字大塩字桜峠

料金: 無料

営業時間: 24時間

駐車場: あり

交通:JR磐越西線喜多方駅からバスで約30分
磐越道猪苗代磐梯高原ICから車で約40分

「福島県観光復興推進委員会」による情報はこちら

 

3.花見山公園(福島市)

photo by Atsushi Katahira

花木栽培農家が善意で無料開放している「花見山公園」
「福島に桃源郷あり」と言われるほどの花の名所です。

数種類のサクラ、ウメ、レンギョウ、ボケ、サンシュユ、モクレン、ハナモモなど
約70種類もの花々が一斉に花開き、咲き競います。

頂上の吾妻連峰と花々のコントラストは、一度は見たいベストビュースポット。
彩り豊かな春を、ぜひ切り取ってみてください。

詳細情報

見頃:例年4月上旬~下旬

所在地: 福島県福島市渡利原17

料金: 環境整備協力金 ひとり500円

営業時間: 24時間

駐車場: 臨時駐車場(あぶくま親水公園、渡利学習センターグランド(体の不自由な方優先駐車場))
※駐車場から花見山へのシャトルバスを運行します。

交通:J福島駅東口から福島交通バスに乗車、「花見山入口」バス停で下車徒歩約12分
※平成29年春の花見山交通規制についてはこちら

「花見山公園」による情報はこちら

 

4.鶴ケ城公園(会津若松市)

photo by Kazuyoshi Tamai

日本で唯一の赤瓦の天守閣で白虎隊の悲話でも知られる「鶴ヶ城」
城郭全体が国の史跡に指定され、堀や土塁は約400年以上前のものです。

毎年春になると、ソメイヨシノや八重桜、垂れ桜など約1000本が公園一帯で花開き
「桜の名所100選」に選ばれています。

5月7日(日)まで夜間ライトアップも開催。
ライトアップされた夜桜は幻想的な雰囲気で、
昼とは違った表情を見ることができます。

赤瓦の天守閣と咲き誇った桜の調和は、
まさに日本の美しさを感じられるシーンです。

詳細情報

見頃:例年4月中旬 ~ 5月上旬

所在地: 福島県会津若松市追手町1-1

料金: 大人(天守閣・麟閣)510円・(天守閣のみ)410円、小中学生150円、未就学児無料

営業時間: 24時間

休園日: 無休

駐車場: 2時間300円

交通:JR会津若松駅からまちなか周遊バス(ハイカラさん)約20分「鶴ヶ城入口」下車徒5分
磐越道会津若松ICから国道49号・118号経由約15分

「会津若松観光ビューロー 」による情報はこちら

 

5.天神夫婦桜(郡山市)

photo by torakichi

三春駒や三春張り子人形発祥の地、高柴デコ屋敷近くにある「天神夫婦桜」

樹齢約500年のヤマザクラとシダレザクラが寄り添うように立ち
横には学問の神様菅原道真を祭ったほこらがあるため、
「天神夫婦桜」と呼ばれるようになりました。

田園地帯の小高い丘の上にあり、周囲には黄色の菜の花が咲き、
空の青と桜のピンク、菜の花の黄色のコントラストが美しく
のどかな田園の春を感じられる撮影スポットです。

詳細情報

見頃:例年5月上旬~5月中旬

所在地: 郡山市西田町高柴字福内

料金: 無料

営業時間: 24時間

駐車場: 無料(乗用車40台 バス10台)

交通:JR三春駅から車で約10分、磐越自動車道郡山東インターチェンジから車で約10分

「福島県観光復興推進委員会」による情報はこちら

 

2011年の東日本大震災で大きな被害を受けた福島。
その苦難を乗り越えて、たくましく花開く姿に感動せずにはいられません。
ぜひ復興の証になっている桜を、見て、感じて、写してみてください。

紹介した写真はこちらから↓↓ 日本全国、世界各国の絶景スポットがわかる!
撮影場所共有&口コミサービスPASHADELIC

〈撮影するにあたっての補足〉

花見の季節は普段、三脚がOKな場所も大混雑で禁止されることがほとんどです。

にもかかわらず、二脚や三脚でなければいいだろうと折りたたんで
一脚にして撮影している人をしばしば見かけます。

たとえ三脚禁止と書かれていなくても、状況をみながら周囲に迷惑をかけないことが節度あるマナー。
そして限られた状況でも撮れることが、真のフォトグラファーです。