ISOってなに??初心者でもわかるカメラの基本

【写真撮影テクニック】入門編では写真撮影で基本となる、絞り・シャッタースピード・ISOの説明をします。

入門編①の絞りとは

入門編②のシャッタースピードとは
を合わせてご覧いただくと、より知識レベルがアップします。
入門編③では光の量をコントロールする【ISO】についてです。

ISOの基本的な役割を理解し、実際の写真撮影で活かせるようになりましょう!

 

前書き:ISOとは

デジタルカメラ・スマホのカメラアプリの設定項目としてあるISO(International Organization for Standardizationの略)。レンズによって絞れる(開ける)限界値があるように、ISOも同様、カメラボディによってISOの設定幅も変わってきます。

設定値としては【低感度】のISO:100から【高感度】のISO:12800などの設定幅があり、ハイエンドクラス(最上位機)のカメラの中には、それ以上の設定幅がある機種もあります。

読み方は人によって様々で【ISO感度(イソカンド)】・【ISO(アイエスオー or イソ)】・【感度】と呼ばれています。​

この写真撮影テクニックでは【ISO】で説明致します。

 

役割その①:光の量をコントロールする

【絞り】・【シャッタースピード】は、カメラボディのダイヤル調整部分により、光の量をコントロールできる機種がほとんどですが、【ISO】の場合は、ダイヤル調整でコントロールが可能な機種もあれば、設定画面でISOを設定できる機種も多く存在します。 また、ISO感度の数値を増やすことを【ISOを上げる(増感)】といい、逆を【ISOを下げる(減感)】といいます。


一般的に【ISO100】の状態は、フィルムカメラのISO100相当と言われていますが、フィルムカメラを使ったことのない人には分かり辛い例えだと思います。
ここでは上図のようにISO100を【標準のISO】とし、ISO50方向に下げると【暗い】、ISO12800方向に上げると【明るい】とだけ覚えていれば大丈夫です。
これからお見せするサンプル写真は【標準のISO】から【高感度】へ撮影したものになります。
では、【絞り】と【シャッタースピード】を変えずに、ISOだけを変えた光の量の度合いを見てみましょう。


 絞り値は”F6″、シャッタースピードを”1/500秒”、ISOを”100″で撮影しました。

今回は、ISOの変化を説明するため、あえて暗く撮れるように絞りを少し絞り、シャッタースピードを速くして撮っています。
結果、最初の写真は真っ暗になりました。


絞り値を”F6″、シャッタースピードを”1/500秒”、ISOを”500″で撮影しました。

ISO400までは真っ暗だったのですが、薄っすらと被写体が見えてきましたね。
※モニター、角度によっては真っ暗に見えます。

では次の写真を見てみましょう。


絞り値を”F6″、シャッタースピードを”1/500秒”、ISOを一気に上げて”3200″で撮影しました。

回転台にお兄さんが居るのがやっと分かりましたね。
※今回も、被写体が真正面に向いている時にシャッターを切り、撮影しています。
シャッタースピード”1/500″でも【止める】写真が撮れているのが分かると思います。

では次の写真を見てみましょう。


絞り値を”F6″、シャッタースピードを”1/500秒”、ISOをさらに上げて”12800″で撮影しました。

光の量も丁度いい感じ(適正露出)になりましたね!

「なった!なった!明るくなった!ひゃっほーい!」

「ISOを上げれば(増感)、絞りとシャッタースピードを変えなくても明るく撮れるのね!でも…」

  • 絞りは、絞りの強弱(開閉)で明るさが変わる。
  • シャッタースピードは、撮る時間の長さで明るさが変わる。
  • ​ISOって何してるの??​

ISOTips①:ISOって何してるの?

【絞り】と【シャッタースピード】は物理的に光の量をコントロールしていますが、デジタルカメラの【ISO】については電子的に光の量を調整しています。

では、サンプルにて説明させてもらいますので次の写真を見て下さい。


カメラ本体の中にちっこいお兄さんが居ると思って下さい。

そうですねー
分かりやすいようにココでは

I・・・いつも
S・・・そばにいる
O・・・お兄さん

と、しておきましょう!
このお兄さんが1人の時は【ISO100】となり、お兄さん一人で一生懸命、光を吸い込む機械で光を吸い込んでくれます。1人で作業しているので誰にも邪魔されません♪


【ISO200】では、お兄さんが1人増えました!
何か強力そうな光を吸い上げる機械を持ってますねぇ~
※お兄さんが2人になったからといって、作業効率が2倍になるわけではありません…


【ISO300】では、お兄さんがさらに増えました!しかも機械が特大!頼もしいぃ

このように、所持しているカメラによってISOの設定できる範囲が違いますが、共通していえることは…

心強いお兄さん達が、カメラの中で光を多く吸い上げるために、い・つ・で・も・スタンバイしています!

 

ISOTips②:お兄さん増え過ぎに注意

ISOを標準のISO(100)から上げることで、【絞り】・【シャッタースピード】を調整しなくても光の量を調整できることが分かりました。

ここまでしっかり読むと

「ISOを最大値まで上げて、その後【絞り】と【シャッタースピード】を調整して撮影すればいいんでしょ?」

と思われますが、やはりISOで光の量のコントロールをするにもデメリットがあり、いいことばかりではありません…

では、サンプルを見て説明していきます。


サンプル撮影を行っているカメラは、SONY α7RⅡというハイエンドクラスのカメラです。
撮影は、比較しやすいよう部屋の電気を切った状態で、三脚を使用し、絞り優先オート(Aモード)で撮影しました。
Aモードは、マニュアルで設定した絞り値に対してカメラ側が部屋の明るさを見て、丁度いい明るさ(適正露出)でシャッタースピードを決めてくれます。

上記の写真は【ISO100】・【絞りF2.8】で、適正露出にはシャッタースピードが”2秒”必要だと判定され、撮れた写真になります。

この写真の光の量は、ISOお兄さんが1人で集めたものになっています。綺麗な写真ですね!

では、ISOお兄さんが多すぎるとどうなるのか…次の写真を見てみましょう。


ISOは、このカメラの最大値である”102400″で、適正露出のシャッタースピードは”1/60秒”と判定され撮れました。

標準感度であるISO100の写真と比べてどうでしょう?
ザラザラしたり、ノイズ掛かった写真に見えるませんか?

スマホで見ている方も居ると思うので念のため、等倍にした半分半分のサンプルを作りましたので比較してみましょう。


劣化度合いは、見れば一目瞭然ですね。
このように、ISOお兄さんが1人または少数だと、時間(シャッタースピード)は掛かるものの綺麗に仕上げてくれますが、お兄さんが増えすぎると時間は短縮されるものの、チームワークが劣り、画質の悪い写真として現れてしまいます。

暗い撮影場所+被写体が動く+手持ち撮影…などのシチュエーションが発生した場合や、劣化を活かした写真を撮る目的以外の過度の増感(ISOを上げる)はなるべく避けましょう。

また今回は、ハイエンドクラスのSONY α7RⅡが高感度にも強いため、一番きれいに写るISO100の状態と、一番粗く写るISO102400でサンプルを作成しましたが、お手持ちのカメラが入門機・中級機の場合は早い段階でチームワークが劣り、画質が劣化し粗くなります。
あまり劣化しない許容範囲の設定(常用感度)はカメラ毎に違いますので、インターネットで調べたり、自分で撮って比較したりして知っておくと、いざという時に役に立ちますので覚えておきましょう。

作例のご紹介


Koji Moroishiさんのお写真です。心癒されるお写真ですねぇ~

滝の写り方は【写真撮影テクニック】入門編②:シャッタースピードで学んだ【流す】写真ですね!

絞り値”F11″、シャッタースピード”120秒”、ISO”64″と、明るさ(光)を抑えるよう、標準のISOより低い感度に設定して撮影されています。


Shun Komaiさんのお写真です。平原と天の川の組み合わせが素敵ですね!
絞り値”F3.5″、シャッタースピード”20秒”、ISO”2000″で撮影されています。

星撮影は暗い空を撮るわけですから、標準の感度で撮っていたら何時まで経っても真っ暗な写真のままです。写真の劣化は否めませんが、ISOを高感度設定にして撮影に挑みましょう!

劣化を活かしているのか微妙ですが…私が撮った写真でデジタル現像してみました。

劣化で粗くなった写真はモノクロ写真と相性がいいような気がします。

この写真は元々カラーで、そこそこ綺麗(粗くない)に撮れています。

カラーで綺麗に撮っていて、後から粗くモノクロにするのはデジタル現像で可能ですが、逆はほぼ不可能です。よほどの物好きでない限り、カラーを優先して綺麗に撮るように心がけましょう!

本日のまとめ

では、写真撮影テクニック【ISO】について、重要項目のおさらいです。

  • ISOは光の量のコントロールができ、ISOを【増感】 or 【減感】することによりコントロールできる。
  • ISOは、標準の感度から高感度に増感するに連れて、撮った写真にノイズが入り、劣化する。
  • 綺麗な画質で撮りたい場合は低感度での撮影を意識し、過度な高感度での撮影は画質が粗くなるので避ける。

​ISOについては【拡張感度】についても説明が必要かと思いますが、現状は上記の3項目を覚えていれば大丈夫です。

これで基本となる【絞り】・【シャッタースピード】・【ISO】を覚えましたね。

それぞれ分かり辛かった箇所もあるかと思いますので、次回の写真撮影テクニックは大事な箇所のおさらいを含め【入門編④:絞り・シャッタースピード・ISOのまとめ】を説明します。

 

おまけ


各PASHADELICが運営するFacebookページにて記事がシェアされていますが、いただきましたコメントは一つ一つ目を通させていただいており、励みになっております。

この場を借りまして、御礼申し上げます。m(_ _)m

記事で分かりやすい説明がきるよう頑張りますので、今後とも宜しくお願いします。m(_ _)m

それではまた!
エンジョイフォト!
メリークリスマス!