はじめに

あしかがフラワーパークは、日本で唯一、米国放送局CNNが選出した、「世界の夢の旅行先10ケ所」に選ばれました。

栃木県指定天然記念物の、樹齢150年におよぶ藤もあります。

あしかがフラワーパークは、日本フラワービジネス大賞2016において、チャレンジ フラワーツーリズム部門で大賞を受賞したそうです。そんなフラワーパークを、カメラを持って訪れてみませんか。

2017年4月15日(土)より『ふじのはな物語~大藤まつり2017~』がスタートしたばかりです。

1. 紫の藤

あしかがフラワーパークは花の咲き具合にもよりますが、最盛期には、朝7時から入場できます。朝は比較的空いているので、撮影もしやすいし、自然光も綺麗です。
こちらは朝7時頃の紫藤の写真です。

Photograph by Noe Arai

2. 小さな白藤

こちらは花嫁のヴェールのような、早朝の白藤です。

Photograph by Noe Arai

3. 朝の八重黒龍藤

世界でも珍しい品種、栃木県指定天然記念物の、八重黒龍藤です。
房が丸くなっていて、普通の紫藤よりも濃い色です。

Photograph by Noe Arai

4. 闇から浮かび上がる白藤

あしかがフラワーパークの中を歩いてみると、大藤棚の他にも、各所に美しい藤が咲いているのをみつけることができます。
こちらの白藤は、闇から浮かび上がるような美しさです。

Photograph by Noe Arai

5. 夢の花園

あしかがフラワーパークは毎年工夫をこらして、前年度と異なる花壇を作っています。4月下旬から5月には、藤を中心としていますが、つつじやペチュニアなどの花も、とても美しく配置されています。

つつじは5,000株以上が咲き誇ります。

Photograph by Noe Arai

6. さくら色の薄紅藤

こちらは藤の中でも一番先に咲き始めるさくら色の薄紅藤です。

Photograph by Noe Arai

まとめ

あしかがフラワーパークの開園時刻と、入園料は、花の最盛期かとうかによって異なります。今日の値段はいくらなのか、こちらのサイトでわかります。もちろん、花の見ごろも発表されていますので、ぜひご覧ください。交通アクセスや地図もあります。

あしかがフラワーパークのホームページ

メール会員に登録したり、コンビニエンスストアであらかじめ入園券を購入すると、割引になる場合があります。

 

PASHADELICのあしかがフラワーパーク撮影ポイントの地図、詳細は、こちらす。

皆さまもPASHADELICへ、無料登録をして、世界中の美しい風景写真をご覧になりませんか。
新しく開設された、FBサイト「旬なニュースを写真で伝える」にも、撮影場所のご紹介があります。ぜひご覧ください。
最後まで読んで頂き、ありがとうございます♪ ^-^*