オーストラリアといえば、広大な自然と青く透き通ったキレイな海、そしてコアラにカンガルーですよね!

自然が豊富なオーストラリアには、世界遺産が15ヶ所と国立公園が500ヶ所以上あるそうです。そこには他では見られない野生動物を見ることや、先住民族からアボリジニ文化について学ぶこともできます。

今回はそんなオーストラリアの国立公園で、自然の偉大なパワーを感じながら撮影できるスポットをご紹介します。

 

Royal National Park(ロイヤル国立公園)


Photo by Veeravidh Swangviboonpong

1879年に設立されたオーストラリア最古の国立公園『ロイヤル国立公園』は、ニューサウスウェールズ州のシドニーから南へ約30kmの海岸部にあります。


Photo by Veeravidh Swangviboonpong

手付かずで観光地化されていないため、ツアーガイドに従って周るブッシュウォーキングに参加するのが一般的なようです。ユーカリ林や熱帯雨林、タスマン海を望む断崖が連なる海岸が魅力で、その雄大な景観に心を奪われるでしょう。

3月に最も雨が降るそうですが、基本的に一年中楽しめる国立公園です。6月〜8月の間、運が良ければ崖の上からクジラを見ることができるそうなので、望遠レンズを忘れずに持参しましょう!

アクセス:Audley Rd, Audley NSW 2232(シドニーから南へ約30km)
入園時間:7am〜8pm
入園料:$12/車1台

 

Nambung National Park(ナンブング国立公園)



Photo by Przemysław Pawlik

『ナンブング国立公園』の見どころは、何と言っても“ザ・ピナクルズ・デザート”!

一面に広がる黄金の砂浜に石灰岩が無数に立ち並ぶ、その姿は「荒野の墓標」と呼ばれています。風化によってできたこの石灰岩は、ひとつとして同じ形はなく、自然の偉大さを感じられる神秘的な場所です。



Photo by Przemysław Pawlik

基本的に一年中訪れられる場所ですが、5月〜9月までは多く雨が降るようです。しかし、その後の9月〜10月の間は、公園内にワイルドフラワーが咲き誇っているのが見られる最もベストな時期です。

また、ツアー客の少ない朝早い時間や夕方の時間帯に行けば、砂丘を独占して撮影することができるでしょう。

アクセス:Nambung WA 6521(パースから北へ約250km、車もしくはパース発のツアー)
入園時間:日の出〜日の入りまで
入園料:$12/車1台

 

Port Campbell National Park(ポートキャンベル国立公園)


Photo by Muiz Hj Matali

ビクトリア州の沿岸に走る、世界一美しい海岸線として有名な“グレートオーシャンロード”に『ポートキャンベル国立公園』はあります。この海岸線を走るだけで、素晴らしい景色が見れるのは間違いないのですが、さらに撮影スポットもたくさんあるんです。


Photo by Robin Dodd

一番有名なのは“The Twelve Apostles(十二使徒)”です。石灰岩からできた崖が波と風により少しづつ侵食されていき、複数の海食柱となって残ったと考えられています。現在も年間2〜3cmほど侵食され続け、2005年にはひとつが崩壊してしまいました。自然現象で変化を続けている、その姿を撮影してみたくありませんか?

その他の見どころは、海に突き出た岬の形が2つのアーチだった“London Arch(ロンドン・アーチ)”、ジブリ映画「紅の豚」に出てくる一場面のモデルという噂がある“Loch Ard Gorge(ロックアード・ゴージ)”など、ここでは紹介できないほどたくさんあります!

アクセス:Great Ocean Rd, Port Campbell VIC 3269(メルボルンから南西へ約200km、車もしくはメルボルン発のツアー、V/Line列車とバス)
入園時間:24時間
入園料:無料

 

まとめ

いかがでしたか?
オーストラリアの国立公園での撮影スポットはたくさんあるので、さらに魅力的な場所をPart2でご紹介したいと思います!