1.北海道 函館市

函館市は北海道南端の渡島半島南東部に位置し、天然の良港である函館港によって北海道と本州を結ぶ交通結節点道南地域の中心都市として発展。
毎年500万人近い観光客が訪れる観光都市、市町村の魅力度ランキング調査で1位にランクインする都市でもある。
昨年、北海道新幹線の開業に伴い、新函館北斗駅ができ、現在の北海道新幹線始発駅となっている。
また、函館空港は、羽田・成田・名古屋・大阪便等あり利便性が高いですね。


今回は函館に行ったことある人も、
函館に行ったこと無い方にも、オススメのスポットを紹介します。

 

2.観光地探訪

函館山

函館と言えば、「100万ドルの夜景」と言われる、函館山。
香港・ナポリと共に「世界三大夜景」と称されています。
函館山へ登るには3通りの方法があります。
1、マイカー(夜間通行不可)
2、ロープウエイ(夜間はロープウエイでしか頂上へ行けません)
3、徒歩。。。

1、マイカーで登る。
頂上では駐車料金もかかりません、ゆっくりと頂上を歩き、函館山の昔の役割を知ることができます。

実は……。函館山は昔、山全体が要塞でした。

函館要塞の歴史
1895(明治28)年、日清戦争終結後、日露戦争を想定し津軽海峡の防衛強化を目的に、呉、佐世保などの要塞と同時期に建設された。当時、北海道の開拓事業が軌道に乗り、物資の輸送が増大し、翌年には函館港の大改修が開始された。
そのため他の要塞は軍港が守ることが第一の目的であったが、函館要塞は民間の港湾を守る目的も兼ねて建設された。
要塞建設は98年から本格的に開始され、御殿山第一、第二、七面山(千畳敷)第一、第二、薬師山など大小あわせて五つの砲台と立待保塁、観測所、穴間・高龍寺観測所なども建設された。なお、1904年の日露戦争時、ロシア艦隊は津軽海峡で日本の船舶に危害を加えたが、施設が旧式で古かったため要塞からは一発も砲弾が発射されることは無かった。
その後、要塞整理案で備砲の撤去がなされたが、1922(大正11)年の国防方針の変更と神岬に砲台が設置され津軽要塞が発足した。
函館要塞はこれに併合され、名称も変えて40(昭和15)年に完成した。
1941年、アジア太平洋戦争が勃発したが、要塞施設は旧式で実線には役立たず、45年4月、高龍寺山に陸・海軍の観測所、高射砲陣地などを設けた。
7月14・15日の空襲の際には、これらの高射砲が発砲したが、撃墜したのは戦闘機一機のみであった。
函館要塞は建設直後の1899(明治32)年以来、要塞地帯法により立ち入り、撮影が禁止されていたが敗戦となり廃止に至るまでの47年間秘密のベールに閉ざされていた。
1946(昭和21)年10月、函館山は市民に開放された。
※北海道・東北地方の戦争歴史ガイド 第3章P62~64より引用

この要塞の一部を今でも見ることができます。
丸い場所に砲台がありました。
正面の壁にある丸い穴が隣の砲台と連絡を取るための穴でした。
そして、正面の4つの四角の枠中央の凹んでいる場所から、
敵が来ないかを見ていたそうです。


弾薬庫の跡です。ここは柵があり降りることができません。

この場所から1時間ほど歩いた場所には、もう一つの千畳敷砲台跡があるようです。

実際には、函館山全体に無数のトンネルや通路で行き来ができたようです。
ロープウエイ駅の地下にも通路への出入り口があるようですが、
現在は一般公開されていません。

2、ロープウエイで登る。
ロープウエイは往復 大人で1280円。営業時間は始発10時 最終下り22時まで(夏季時間)
詳しくは「函館山ロープウエイホームページ」を参照ください。
ロープウエイのホームページには、その日の日没時間が、わかりますので時間に合わせて
登るのもいいと思います。
私は5月2日に登りましたが、夜は寒く、上下共に防寒が必要でした。
函館山からの夜景です。

函館の夜景には隠された文字があるんです。
この写真では少しわかりづらいかもしれませんが、
恋愛のパワースポットでもあるようです。

3、徒歩で登る。
今回は、徒歩で登れませんでしたが、
ハイキングコースにもなっているようです。
ゆっくり時間あれば、カメラを持ってゆっくり登るのもいいですね。
ハイキングコースはこちらを参照ください。

 

五稜郭公園

五稜郭は、江戸時代末期に江戸幕府により蝦夷地の箱館、郊外に建造された稜堡式の城郭である。同時期に築城された長野県佐久市の龍岡城も稜堡式城郭であり「五稜郭」と呼ばれる、単に「五稜郭」といえばここであるとの認識も多い。

この日は、桜が満開の時期でした。
五稜郭公園には沢山の桜があり。楽しませてくれます。
詳しくは、北海道の桜 ベスト3 をご覧ください。


この写真は、SONY α7s Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSSで撮影しています。

この場所の隣でHiroshi Tanita氏撮影した写真が、
2017National Geographic Travel Photographer of the Year editors’ favorite」に
選出されていました。

夜桜ライトアップも開催されています。
桜の下でジンギスカンを食べる方々も多かった中。カメラを持って
夜桜を撮影ヾ(^^ )

ジンギスカンのいい匂いの中。
夜桜を堪能するのも、いいものです(*´д`)っ●

五稜郭公園には写真の様なタワーがあります。
タワーから全体をみることができます。

撮影時は、フルサイズカメラで20mm以下のレンズが必要になります。
この写真は、SONY α7s Sigma20mmF1.4 DG HSM Art で撮影しています。
また、ガラス越しの撮影になりますので、反射に気をつけてくださいね。

五稜郭タワーは 大人900円 8時〜19時まで(夏季)詳しくは
五稜郭タワーホームページを参照ください。

 

旧函館公会堂

明治43年に建てられ、建築から107年が経過しています。
旧函館公会堂はこちらを参照ください。

この場所は、車を駐車するスペースはありませんので、
近くのパーキングに駐車をオススメします。

八幡坂、ここは昼間も夜でも絵になる場所です。
沢山の映画も撮影されています。

 

大三坂、この場所はちょっとマニアックな場所。
桜の木があり古い建物があり。
しかも路面電車が一緒に撮影できるポイント。

古い電車を待ちましたが、なかなか通らなく。
「ど〜〜もくん」の車両でした。。。。

函館のソウルフード

あちこち回っていると、お腹も空きます。
折角の函館ですので、函館でしか食べれない物も紹介しちゃいますヾ(^^ )
朝一のイカそうめん?いいえ。
新鮮な魚介?いいえ。

函館と言えばまず。これ。

ラッキーピエロ!(通称 ラッピ)まずは、食べなきゃ。
私は到着して即、ラッピに入店!
チャイニーズチキンバーガーのセットを注文。
見ての通りバーガーは大きい。顎が外れる美味しさ。
つい3日間滞在した函館で3日間通ってしまいました。。。
店舗によってはカレーや、ラーメンを食べれる店舗もあります。

やきとり弁当!

ハセガワストアのやきとり弁当が最高です。
とは言っても、弁当屋さんではなく、コンビニです。

やきとり弁当です。でも肉は豚肉。
道南では、やきとり=豚肉と言うのが当たり前の様です。
ここは函館出身の某ロックグループが紹介し有名になりました。

さて。腹ごしらえも終了!

 

金森倉庫群


昼間はこうしてタクシーや人が多いので、夜の倉庫群の撮影には
良い場所かもしれませんね。

 

木古内町 新幹線ビュースポット

折角、ここまで来たのですから新幹線も撮影しましょう。
函館市内から南へ1時間。
木古内町に新幹線のビュースポットがあります。
ここには、新幹線の通過時間や展望台もあります。
ここからの撮影は電線や電柱が邪魔になりますが、
200mm以上の望遠レンズがあれば撮影できます。
詳しい場所は写真をクリックしてくださいねヾ(^^ )

※この写真は SONY α6500 FE 70-200mm F4 G OSSで撮影しています。

やった〜〜北海道新幹線!って思ってました。
私は鉄道には全く詳しくないのですが。
この車両は東北新幹線でした。。。

番外編

突然ですが、シンガポールに来ましたヾ(^^ )

嘘です。ここは北斗市です。
北斗市には、シンガポール政府公認のマーライオンがいるんです。
意外に知られていないんですよね〜。
残念なことに、口から水を吐いていませんでしたが、
雲がそんな感じに見えたってことで。
詳しい場所は写真をクリックしてくださいね。
注意:マーライオン近くまではいけますが、柵・有刺鉄線がありますので中へ入らない様に。

 

3.3日間の函館を振り返って

朝5時に自宅を出発し、函館まで高速を使って6時間。
昼15時半に函館を出発し、自宅へ到着22時。
長い旅でした。
私としては、中学の修学旅行以来なので27年ぶりぐらいでした。
マイカーがあることで、あちこちと細かない場所を散策することができました。
今まで知ることがなかった、函館山の歴史や、最新の新幹線まで。
そして満開の桜時期に行けたことだったと思います。
函館には函館空港もありますので、是非1年を通して、函館へ
来てみてはいかがでしょう。
たった3日では足りないほど行きたい所が、山盛りでした。
北海道では歴史のある町ですので、昼の函館、夜の函館を満喫してみませんか?
函館は、ほとんどの場所で三脚を使用することができました。

そんな函館を旅して写真を撮影したらヾ(^^)

Pashadelicに投稿してくださいね(ノ^^)ノ

そして待望のPashadelic iOS APP が完成しました。

Pashadelic APPからも沢山の投稿をお待ちしています(((o(*゚▽゚*)o)))