ヨセミテ国立公園はカリフォルニア州の中等部に位置する、巨大な滝とそそり立つ花崗岩の岩壁で知られる自然公園です。
山々や滝、草原などの大自然から成る広大な公園には、カリフォルニアの7,000種類の植物のうち20%以上が園内に生息しているとも言われています。1984年にはUnescoの世界遺産に登録され、年間約400万人もの観光客が世界中から訪れています。

ヨセミテ国立公園は年中通して開いていますが、季節によってさまざまな表情を見せてくれます。
夏はレジャーとしてキャンプも盛んですし、秋は紅葉、そして冬は雪化粧をした渓谷を望めます。
お勧めの時期は雪解け水で滝の水量が最も多い4月~6月頃の春です。新緑の葉も豊で、滝と緑が調和した雄大な絶景を満喫できます。

Half Dome


photo by rick wilmot
ヨセミテのシンボルとももいえる巨大な岩壁ハーフドーム。丸いドームを縦に半分に切ったような形をしているため、この名で呼ばれています。
天気が良ければ園内の車道からも簡単に見ることができます。上級者は1日がかりですが、ハーフドームの山頂まで登ることも可能です。
その際はクライミング用のシューズなど、装備を忘れずに。

Yosemite Fall

Photo by rickwilmot

ヨセミテに行くからには必ず見ておきたいのが、滝。Yosemite Fallアッパーフォール(436m)と間のカスケード(206m)、ローワーフォール(97m)の三段から成り、雪解けで水量が増した春先は特に、圧巻の迫力を体験できます。
その年に寄りますが、8月になるとほとんど水が無くなってしまいます。
滝の全体を撮影するにはセンティネル・ブリッジの駐車場からがベストスポット。
また、この次に紹介するグレーシャーポイントからもよく見えます。

Glacier Point

photo by khalid mahmoud

目の前にハーフドーム、ヨセミテバレーを小さな模型のように見渡せる絶景ポイント。
車で行ける唯一の大展望台です。
11月には道路が閉鎖されるため、夏季(6月~10月)のみ行くことができます。
午前中は逆行ですので、午後に行かれた方が撮影には適しています。
週末は家族連れなどで混雑することも多い場所です。
早朝から他のスポットを観光し、午後に到着するように計画するとよいでしょう。
夕焼けの時刻に見る景色はとてもロマンチックです。

Tunnel View


photo by Rohit Surya
ヨセミテバレーを一望できるスポット。
トンネルのように岩々の間からその奥の山が見えます。
このスポットからは、「自然のみの世界を見る」というコンセプトで、人工物、道路でさえ一切視界に入らないように配慮されています。
まさに日頃の街の喧騒から離れ、大自然の壮大さのみを感じることができる場所です。
駐車場も近くにあるため、比較的簡単に行くことができます。
有名なハーフドームも一望できるため、一気に風景を写真に納めたい方にはお勧めです。
また、晴れた日の夕暮れにはロマンチックな雰囲気も感じることができる場所です。

Mirror Lake

photo by Anna

ヨセミテ公園のノースドームとハーフドームの間に位置する湖。
氷河期の終わりにヨセミテバレーの多くを占めていた氷河湖の最後の残りと言われています。
この湖には年中通して水がありますが、やはり一見の価値があるのは春から夏先。
水量が増したこの時期に、ちょうど風も穏やかな条件が重なると、名前の通り「鏡」のように湖に周囲の自然が映し出されます。
湖面に映るヨセミテの景色はとても幻想的です。

アクセスと公園情報

目安時間

サンフランシスコから車で約5時間(後半2時間は山道)。

料金

・自家用車:1台あたり$30(7日間有効)
・ヨセミテパス:$60(1年間有効)
※2017年現在
※園内には無料巡回シャトルがありますが、時間を気にせずゆっくりと自然を堪能したいのであればレンタカーや自家用車をお勧めします。

持ち物

・食料:園内にお土産品含め、食料もショップで調達できます。
しかしヨセミテまでの道中の飲み物など、事前に揃えておくことが無難です。
・防寒具:夏でも日陰や朝晩は冷え込みます。
防寒具は必須です。
・マップ:公園入口でもらうことが可能。
公園内は基本、携帯電話の電波は届きません。
284,899平方メートル以上の広さを誇る公園は、東京都の約2倍の大きさです。
事前にどのスポットをどのルートで訪れるか、計画しておくことをお勧めします。

まとめ

季節や時間によって、違った表情で人々を魅了するヨセミテ国立公園。
雄大な大自然を堪能すべく、未だ行かれていない方はこのベストシーズンにぜひ、一度行かれたことのある方も公園の違った側面を探しに、再度訪れてみてください。