はじめに

白馬村は長野県の北西部に位置し、雄大な北アルプスに抱かれています。後立山連峰と小谷(おたり)山地に挟まれた盆地で、姫川・松川などの河川と、北アルプス山脈の絶景をみることができます。

1. 白馬の一本桜

こちらは長野県白馬村にある一本桜
田園地帯の小高い丘に咲きます。背後に残雪の白馬三山が見える人気の撮影スポットです。
満天の星空のもと、孤高の桜と北アルプスの姿が凛として美しいですね。^-^*

Photograph by Ms. Saya Kishimoto

2. 大出の吊り橋

大出の吊り橋は「姫川」「吊り橋」「茅葺屋根の民家」「白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)」など、北アルプスと田舎の素朴な風景が凝縮された「日本の原風景」とも呼べる場所です。

こちらは夜の大出の吊り橋です。

Photograph by Mr. Kazuyoshi Tamai

こちらは今年の5月に撮影された大出の吊り橋と姫川です。

Photograph by Mr. Kazuhira Ito

 

3. 白馬大橋

北アルプス白馬三山からの清らかな冷たい水が流れる松川にかけられた白馬大橋
ここは日本の道百選にも選ばれており、橋の上から見る清流と北アルプスの風景は絶景です。
橋のたもとは松川河川公園として整備されており、そこからも雄大な景色を楽しむことができます。

引用 白馬が好き

Photograph by Mr. Takahiro Shiraki

こちらは2017年2月4日に、白馬大橋から撮影された、
川霧の美しい写真です。

Photograph by Mr. Hidehiro Kawanabe

こちらも同じ日の朝6:10に撮影された、青の世界と霧です。

Photograph by Mr. Hidehiro Kawanabe

 

4. 八方池

白馬三山を鏡のように映す美しい八方池まで、ゴンドラとリフトを乗り継ぎ、1時間半のトレッキングで行けます。
冬は八方尾根スキー場用となるゴンドラとリフトの料金が少々高いですが、その分白馬の山を手軽に歩くことができます。
八方池は天然池で、ダムによってできた人工池とは違う、自然が造り出した神秘的な美しさに感動します。
尾根づたいなので、晴れていれば眺望は良いですが、夏は日焼けにご注意ください。このコースは「八方尾根自然研究路」と名づけられています。

引用、参照 信州とっておき情報

こちらは早朝に撮影された八方池と水鏡です。

Photograph by Mr. katuhico kumazaki

こちらは八方池から撮影された冬の北アルプスです。

Photograph by Mr. Susumu Ikegami

 

まとめ

PASHADELIC に登録すると、世界中の美しい風景写真をご覧になれます。写真を投稿すると、紹介されるチャンスもあります。
新しく開設された、FBサイト「旬なニュースを写真で伝える」にも、タイムリーな撮影場所の紹介があります。
PASHADELICでは、皆様からの旬な写真も募集しています。ぜひご参加ください。私もPASHADELIC メンバーなので、これからも写真を投稿していきます。
最後まで読んで頂き、ありがとうございます♪ ^-^*