はじめに

日本の滝の中で、撮影対象として、特に人気があるものを、集めてみました。
暑い季節には、滝までの涼しい山歩きをしませんか。ぜひマイナスイオンを浴びながら、滝の写真を撮りましょう。^-^*

 

1.  銚子大滝(青森県)

奥入瀬渓流本流にかかる随一の滝、銚子大滝は高さ7メートル、幅20メートル。水音高らかに水しぶきをあげる堂々たる滝です。流れ落ちる水は多量の水霧をうみ、木漏れ日がそこに幾本もの光の筋をつくります。銚子大滝は、滝の右手に伸びる断層や左から流れ込む寒沢の影響でできたと考えられており、十和田湖への魚の遡上を妨げ、魚止の滝とも呼ばれています。そのために長いあいだ、十和田湖には魚がすめないといわれてきました。
奥入瀬本流にかかる唯一の滝だけに、多くの人々の人気を集めています。春の新緑、夏の深い緑、秋の紅葉、そして冬の氷瀑と、四季それぞれに魅力的です。

引用 十和田湖国立公園協会 

Photograph by Noe Arai

2.  白糸の滝(しらいとのたき)

白糸の滝は、国の名勝、天然記念物で、 「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の一部として、世界文化遺産に登録されています。

静岡県富士宮市上井出にある滝で、隣接する音止めの滝(おとどめのたき)と共に、著名な観光地の1つとして知られ、日本の滝百選にも選ばれています。

Photograph by Mr. Fumikazu Suzuki

 

Photograph by Mr. Masai Okeda

 

3.  那智滝 (なちのたき)

 

那智滝は那智大滝(なちおおたき)とも呼ばれます。和歌山県東牟婁郡那智勝浦町の那智川中流にかかる滝で、ユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』(2004年〈平成16年〉7月登録)の一部です。

ほとんど垂直の断崖に沿って落下し、落ち口の幅13メートル、滝壺までの落差は133メートルに達し、熊野灘からも見えます。

総合落差では日本12位ですが、一段の滝としては落差日本1位。
華厳滝、袋田の滝と共に日本三名瀑に数えられています。 国の名勝指定を受けています。

熊野那智大社から西国三十三番札所の第一番札所である青岸渡寺へ。熊野那智大社の朱色の社から一変して厳かな佇まい。本殿を抜けて三重塔へ向かう途中で、三重塔那智の滝が絵葉書のように収まるベストポジションがあります。

Photograph by Mr. Masaki Hani

 

こちらは那智滝において、虹を撮影された美しい写真です。

 

Photograph by Mr. You Iwata

 

4.  真名井の滝(まないのたき)

 

高千穂峡(たかちほきょう)は、宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井にある五ヶ瀬川にかかる峡谷です。国の名勝、天然記念物に指定されています。高さ80m~100mにも達する断崖が7kmにわたり続いており、これを総称して高千穂峡(五ヶ瀬川峡谷)と呼んでいます。

その中にある真名井の滝は、日本の滝100選に選ばれています。年間150万人以上が訪れる高千穂屈指の観光スポットであり、パワースポットとしても大人気です。高さは約17m程あり、深緑に見える滝壷の深さも同じくらいあるそうです。

峡谷の崖上は自然公園で、その中にある「おのころ池」より流れ落ちる水が真名井の滝です。

Photograph by Mr. Takumi Kurose

 

 

 

5.  鍋ケ滝(なべがたき)

滝の裏側に入ることができる「裏見の滝」の中でも有名なスポットで、CMロケ地にもなりました。カーテン状に流れ落ちる水の動きは美しく、ゴールデンウィーク中には滝のライトアップも行われます。

地元の有志が滝までの歩道を整備、人の手を加えすぎない癒しの空間となっています。滝の高さは9m、長さ20mと落差よりも川幅が広いため優しい印象です。新緑の頃は特にその姿は美しいと言われています。
参照 九州の今

営業時間:9:00~17:00(最終入園16:30)

交通アクセス:(1)JR豊肥本線阿蘇駅から産交バス杖立温泉行きで1時間、ゆうステーション下車、タクシーで15分
大分自動車道九重ICより約45分。

こちらは裏からみた涼しげな流れの写真です。

Photograph by ck0375s

表からみた滝も、滝幅があり、見ごたえがありますね。

Photograph by Mr. Ryu Hamaguchi

 

まとめ

7月からPASHADELIC で、ミニコンテスト、waterdelic が始まります。ぜひ滝の写真を撮影して応募してみましょう。

PASHADELIC に登録すると、世界中の美しい風景写真をご覧になれます。写真を投稿すると、紹介されるチャンスもあります。
新しく開設された、FBサイト「旬なニュースを写真で伝える」にも、タイムリーな撮影場所の紹介があります。
PASHADELICでは、皆様からの旬な写真も募集しています。ぜひご参加ください。私もPASHADELIC メンバーなので、これからも写真を投稿していきます。
最後まで読んで頂き、ありがとうございます♪ ^-^*