毎年8月は、ペルセウス座流星群の極大を迎え。
1時間に数十〜数百の流星を見ることができます。
是非!1度撮影だけではなく、見てみませんか?

 

2017年のペルセウス座流星群

ペルセウス流星群とは、1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」とともに「三大流星群」と言われています。

2017年のペルセウス座流星群は8月13日4時頃に極大を迎えます。
これは日本で観察するのにぴったりの時刻で、日本でのいちばんの見ごろも、12日の夜半頃から13日の明け方頃となるでしょう。ただし、今年は明るい月がずっと出ているため見える流星の数は例年よりやや少なく、流星が最も多いときに空の暗い場所で観察して、見られる流星は1時間あたり35個程度となると予想されます。

流星は特定の方角だけに出現するわけではありません。月がなるべく視界に入らないようにしながら、空の広い範囲を眺めてください。

月明かりに負けない明るい流星を期待しましょう。

(国立天文台より)

流星群の見える方向

ペルセウス座流星群は、ペルセウス座を放射点から四方八方に流れます。
方向は13日0時で北東のカシオペア座の少し下に、ペルセウス座があります。

この絵でもわかるように、放射点から四方に流星が発生します。
放射点から離れた場所でも、流星を見ることはできます。

ペルセウス座流星群の撮影

私は毎年、撮影時には、2台のカメラを用意して、方向を互い違いにして、スタートレイルを撮影する方法と同じ方法で撮影します。

極力広角のレンズで、シャッタースピードは、前回の「500ルール」に従っています。
f値は、開放気味にしています。
isoは、レンズの開放値とカメラにもよりますが、640~3200ぐらい。
夏とは言え、湿気も多いので長時間の撮影ですので、
レンズヒーターを忘れずに。
その間に、私は椅子に座り星空を眺め、コーヒーを飲んで楽しんでいます。

ペルセウス流星群写真

2016年のペルセウス座流星群です。
これは、21mmを使っています。6つの流星です。
写真を見てわかると思いますが、必ず同じ方向に流れるとは
限りません(#^.^#)

天候には恵まれ沢山の流星が流れましたが、私のフレームに入ってくれるのが少なかったのでした。。。
この写真で4つ
16mm ss25  f3.5 iso 1000

 

16mm ss30 f3.5 iso 3200
この写真で3つでした。

 

月明かりがある今年のペルセウス座流星群。
月明かりで照らされた、地面を入れて。
沢山流星が入った1枚を撮影したら!

PASHADELICへの投稿をお待ちしていますね(*゚ー゚)v

Pashadelic iOS APP が完成しました。
Pashadelic APPからも沢山の投稿をお待ちしています(((o(*゚▽゚*)o)))