ミュンヘンといえばビールの祭典「オクトーバーフェスト」、ドイツの首都ベルリンといえば「ベルリンの壁」が有名ですが、ベルリンには魅力的な建造物がたくさんあります!今回は、さまざまな歴史を持ち、さらに多種多様な民族が移り住む“世界都市”ベルリンのいくつかの建造物、そして観光スポットをご紹介します。

 

Berliner Dom(ベルリン大聖堂)


Photo by Akiko Miyazaki

ベルリンの中心部ミッテ区にある『ベルリン大聖堂』は、“ネオバロック様式”のルーテル教会の大聖堂です。遠くからでもひときわ目をひくブルーグリーン色のドームは114mの高さを誇る天蓋で、270段の階段の上ってその天蓋部分へ行くことができます。そこからの眺めは、ベルリンを一望できる絶景スポットです。

ベルリン大聖堂を正面から撮影すると、古くて美しい建物がさらに壮麗さを増します。青空を背景に撮影するのもよいですが、やっぱり私が一番好きなのは日の出の直前と日没直後の時間帯“マジックアワー”の瞬間です。湿度の低い冬の方が夕日や夜景がキレイに撮影できます。


Photo by Geronimo Schubert

ベルリン大聖堂が建つ場所には、もともと別の教会が建っていて、ヴィルヘルム2世の命令により1894年から建設が始まり、1905年に建て替えが完成しました。また、第二次世界大戦で被害を受けたのですが、1993年に修復されて姿を取り戻したそうです。ベルリン大聖堂の中には8点のモザイク画があり、間近で見学も可能です。

少し離れた場所から全体を撮影すれば、ベルリン大聖堂の大きさがよくわかるでしょう。また、色褪せたレトロ調にして遊んでみると雰囲気が少し変わり、長い歴史を持つベルリン大聖堂を表しているかのようで素敵です。

ベルリン大聖堂の詳細

住所:Am Lustgarten 10178 Berlin
電話番号:+49(030)20269-119
開堂時間:
月~土 9:00~20:00
日・祝 12:00~20:00
※10月1日~3月31日までは、午後7時に閉堂
定休日:無し
URL:http://www.berlinerdom.de/

 

Brandenburger Tor(ブランデンブルク門)


Photo by Victor Kang

ベルリン大聖堂から西に約1.5km行ったところにある『ブランデンブルク門』は、1791年に「平和の勝利を記念する城門」として建てられました。かつては東西ベルリンを分断していましたが、“ベルリンの壁”崩壊後はドイツ統一のシンボルとなり、現在ではベルリンでナンバー1の観光地です。

ライトアップされたブランデンブルク門の眺めはとてもドラマチックです。ライトによって照らされた門はゴールドに輝き、その場に立ち尽くして目が離せなくなる美しさです。観光客が多く、人が写らないように撮影するのは難しいと思いますが、正面からブランデンブルク門の全体を撮影しておきたいですね。

Photo by Vincenzo Calia

ブランデンブルク門を飾っているのは“勝利の女神”です。この4頭立ての馬車に乗った勝利の女神のブロンズ銅は、ナポレオンによるベルリン征服の際に、勝利品としてパリに持ち去ったそうです。その後、しっかりドイツが奪い返し、現在は“平和と自由のシンボル”として飾られています。

ベルリンで起こった激動の数々の歴史の舞台は、このブランデンブルク門でした。200年に渡り世界的に大きな出来事を見守ってきたこの門は、堂々としていて重みを感じます。モノクロームの設定にして、その重みを感じさせる1枚を撮影するのもよいでしょう。

ブランデンブルク門の詳細

住所:Pariser Platz 10117 Berlin
料金:無料
営業時間:24時間
定休日:無し

 

Berliner Fernsehturm(ベルリンタワー)

Photo by Mjollnir MacAlba

ベルリン大聖堂から東に約800m行ったところにある『ベルリンタワー』は「テレビ塔」とも呼ばれ、旧ドイツ民主共和国(東ドイツ)により1969年に建てられました。368mの高さでベルリンのランドマークとなっています。タワーはすうっと細く天に突き刺すように伸びていて、3分の1くらいの高さの位置に球体が付いているのが特徴です。

Photo by Koukichi Takahashi

1年間に100万人もの観光客が訪れるベルリンタワーには、展望台と回転レストランがあり、204mの展望台からはベルリンを一望できます。天気のよい日には40km以上先まで見えることができるそうです。ぎっしりと並ぶ建物を、ミニチュア風に撮影しても面白そうですね!

ベルリンタワーの詳細

住所:Panoramastraße 1A, 10178 Berlin
電話番号:+49(030)247575-875
開堂時間:
3月〜10月 9:00~0:00
11月〜2月 10:00~0:00
定休日:無し
URL:http://tv-turm.de/en/index.php

 

Reichstag(国会議事堂)


Photo by Claudio Cristini

ベルリンで最も歴史的な建造物の1つ『国会議事堂』は、ネオ・ルネッサンス様式の建物で1894年に完成しました。1933年にこの国会議事堂で火災が発生し、1999年にリニューアルオープンを果たしました。火災の時に失った元のドームはガラスを使用して再現され、「民主主義の透明性」を表現したそうです。

国会議事堂は在住者もおすすめしている人気の観光スポットです。この国会議事堂は無料で見学できるのですが、見学の目玉は建物の中央部にある巨大なガラスドームです!ドームの中心には鏡張りの柱があり、ドーム内に差し込む日光を反射させ、全体を明るい光で満たすように設計されたそうです。


Photo by Mjollnir MacAlba

ドームの形に沿ってスロープの通路が設置されていて、ガラス越しに360℃展望が可能になっています。こちらからサンセットを眺めるのもステキでしょう。また、上から議場が覗けるようにもなっていて、議場は開放感のある空間です。このモダンな建築は国会議事堂とは思えず、まるで美術館のようです!

国会議事堂の詳細

住所:Platz der Republik 1, 11011 Berlin
電話番号:+49(030)227-0
開堂時間:8:00~0:00
定休日:無し
URL:http://www.bundestag.de/en/

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
現在のベルリンは、多くのアーティストとやフリーランサーが移り住み、誰でも迎え入れてくれるインターナショナルな街です。私もとても憧れています。街にはたくさん公園があり、天気のよい日にはピクニック(もちろんビールも)や日光浴をしてのんびり過ごすのも贅沢ですよね。