カメラバッグは何を選んだらいい?
カメラバッグを次々と交換する私のカメラバッグ、友人のバッグ!
プロフォトグラファーのカメラバッグを紹介します(ノ^^)ノ

 

1.ショルダータイプ? バッグパックタイプ?

 

カメラの機材を運ぶために、みなさんもカメラバッグは購入すると思います。

各カメラメーカーで販売している、標準レンズとズームレンズのセットの

カメラバッグではなく、

 

「レンズが増えちゃった!」

「カメラ2台にしちゃった!」

 

なんて方が、

カメラバッグを選ぶ時に、迷うと思います。

価格も数万円する物から数千円の物まであるので迷っちゃいますよね。

私は、安い物も沢山使ってきましたので、その辺もご紹介しますね。

大きく分けて、ショルダータイプとバッグパックタイプがあります。

私個人としては、バッグパック派です。機材を入れて、両手が使える状況で

撮影に集中することができるからです。

また、北海道は冬があるので雪面に直接バッグを置くことなく、機材の入れ替えが
できるのもその理由です。

ショルダーは、肩が凝ってしまうのであまり使っていません(^◇^;)

 

2.ショルダータイプ

mont-bell:ライト フォトショルダーバッグ L

モンベルから発売されている、ライト フォトショルダーバッグ L ¥5400

お手軽な価格です。がクッション素材が薄いのが難点で。インナーを入れて使うと

安心できると思います。

インナーを入れるとこんな感じになります。

写真はミラーレス機+バッテリーグリップです。ミラー有りのカメラでも
十分に入ります。レンズにもよりますが、レンズも2本ぐらい入ります。
サイズはリンクから見てくださいね(#^.^#)

同メーカーから、クッション素材の厚いバッグも発売されいますよ(ノ^^)ノ

mont-bell:カメラショルダーバック L

このバックならもう少しクッション性もいいですよ(ノ^^)ノ

もう少し予算があってしっかりしている物なら

Lowepro:インバース200AW

ショルダータイプでもあり、ウエストバッグにもなる

優れもの!!

容量的には、カメラ+レンズ3本と、少しの周辺機材が収納できます。

さすが、ロープロです。全体的なクッション素材もしっかりしています。

底面には三脚を収納できるようになっています。

サイズ:内寸 深さ20cm  横幅24cm 縦幅 15cm

望遠レンズも使っています!そんな方には。

 

KATA:デジタル トルソーバッグ KT DT-213

ショルダータイプとは少し違って、メッセンジャーバッグ風に持ち歩くことが可能です。

このタイプなら、70−200mmぐらいの望遠レンズも一緒に持ち歩けますよ(ノ^^)ノ

そしてiPad miniも入ります!

サイズ:内寸 深さ 高29cm 低15cm 横幅30cm 縦幅17cm

ジャガーバッグ

こちらは、私が高校の時に買ったショルダータイプ。

値段は忘れましたが、確か高かったはず。

なのでもう20年以上使っています。

一般的なカメラ機材+望遠レンズ+ストロボ+3〜4本のレンズなら

収納できます。

中はこんな感じ。

ちょっと〜汚いですね(^◇^;)
カメラバッグには常に、乾燥剤が入っています。

収納次第でカメラ2台も入ります。

普段このバッグには、赤道儀や充電電池や、レンズヒーターを入れています。

サイズ: 深さ15cm 横幅35cm 縦幅17cm 

こんなのでは全然容量が足りないよ〜。

こんな望遠レンズもカメラバックに一緒に入れたいし〜。

そんな方には。これ。

 

KATA:レポーターバッグ レポートイット30 PL KT PL-RPT-30

 

写真を見るだけでは。

「そんなに大きくないじゃん!」

って思うでしょう?

Photo by 井上知昭

大きさ、わかりますか?

EOS 1DX と sigama 150-600mm coがスッポリ入るのです(^^♪

これだけ持って歩くには最高のショルダーですよね~~~。

サイズ:横幅38cm 奥行24cm 高さ30cm 重さ0.95k

(KATA商品写真は、マンフロット社より許可を得て使用しています)

でも!でも!

「カメラ2台に~。望遠に~。広角レンズに~パソコンも~」

入れたいし〜、そんな方に!いいのあります。

 

ETSUMI:f.64 NSCX

ショルダータイプのフラッグシップ!と言っても過言ではないでしょう!

現在はf.64 NSCX2新しくなりました!

とにもかくにも!何がすごいか!

その収納量!!!!

これに先ほどの150−600mmの望遠も入れると

縦に150-600mmのレンズも入ってしまいます(^^♪

もちろん、カメラ、ノートパソコン(写真は13インチ)15インチでも入りますし

その他周辺機器も収納できます。!

両サイド、前側には別にポケットがあるので容量はハンパな〜〜〜〜いです。。。。が!

これだけの機材を入れると、重い!ちょ〜〜〜重いです!

でも、すべての機材を収納できますよ~~~(^_^)b

 

ギックリ腰に注意!!!

 

サイズ: 深さ27cm 横幅45cm 縦幅27cm

 

3.バッグパックタイプ

 

最初に購入した物は3000~4000円で買える。某大手通販サイトが発売している

バッグパックタイプでした。

価格的には安いですし、見た目もそこそこ。

容量も結構な量が入りましたが。私は2年で
底が抜けました。。。。大切な機材のバッグなので
もう少ししっかりした物がいいかも。。。。

 

その後、上記価格より少し高めのを購入しましたが、

リュックの素材は薄々。防水生地と書いてありましたが全く防水せず。

クッションはほとんど無いに近い!

こんなバッグパックもありましたが!

evecase:Large Digital DSLR Camera and Laptop Backpack with Raincover

これ。中国産のバッグパックでした。が!

なかなかいい仕事をしてくれました。

価格的にも1万円以内の価格です。

クッションもいい素材で安心できます。

容量もこれだけ入ります。

これだけ入れば、結構な機材を持ち歩けます。

サイズ:高さ50cm 横幅27cm 奥行13cm

このサイズで、バッテリーグリップ付も入りますよ(´へωへ`*)

 

そしてこれが最近購入したバッグパッグ!

KATA:KT PL-S-261

このバックはカメラ+レンズ+周辺機器+17インチノートパソコンまで

対応していますし。なによりも

ショルダーの部分が柔らかい肩への負担が少ない素材でできていて、

疲れない!
バッグパックタイプは腰ベルトが付いていますが。このバッグパックは腰ベルトを

外して使用できます。

もちろん上記の機材プラスαで機材も収納できます。


三脚も中央に収納できるので、バランスを崩すこともありません。(左右の収納可能)

サイズ:横幅10cm-23cm 奥行17.5cm 高さ50cm 重さ2.9k

 

4.プロフォトグラファー 諸永恒夫氏のバッグを拝見!

ポートレートフォトグラファー 諸永恒夫

プロフィールをご紹介します。

フォトグラファー。山口県生まれ。東京写真専門学校(現東京ビジュアルアーツ)卒業後、写真家河合肇氏に師事。1990年よりフリーランス。麻布台出版、KADOKAWA、学研、光文社、集英社、小学館、日経BP社、ワニブックスなどの雑誌の表紙やグラビアで、国民的アイドルグループやタレント、女優の撮影を行う。

第一線でプロとして、活躍されている方が、どのように、どんなバッグを使っているかをお聞きしました。

Q

バッグはどのように、どんなのを選んでいますか?その理由は?

諸永氏

私は決まった(一つだけ)カメラバッグを使うのではなく状況に応じて選んで使用しています。

カメラをその度に入れ替えています。

必要機材を揃え、それに合ったバッグを選ぶ。

その方がカメラのメンテナンスも出来ますし、必要な機材だけ持ち歩けますから。

 

その日の撮影場所によって機材の量も変わるので、都度変えているそうです。

確かに毎回全部も持って歩くのは、大変です(;´・ω・)

では、諸永氏のバッグを拝見

 

アクリュ:コルメナ

見た目、カメラバッグっぽくないカメラバッグ。

バッグには、カメラが2台と、iPadが入る大きさ。

普段、ちょっとカメラを入れて出かけたり。

カメラ女子にもオススメできるバッグだと思います(*゚ー゚)v

 

アルティザン・アーティスト:MCAM-1000

見た目小さいように感じますが。

ノートパソコン(Mac book Air 11)にタブレット カメラも2台収納!

機材が多くなる時には……

 

thinkTANK:エアポート・エッセンシャルズ

 

カメラとレンズを中心とした機材の場合、カメラは3台にレンズも5本は収納できます。

thinkTANK:ストリート・ウォーカープロ

スタジオ撮影用は、ストロボを2機入れて、

カメラも2台。他機材も入りますね。

諸永氏から、「バッテリー用のケース買ったよ」と、連絡をいただきました。

バッテリーのケース?カメラバッグの中で予備バッテリーが散乱してませんか?

こちらのケースです。

thinkTANK:DSLRバッテリーホルダー2

散乱していたバッテリーもこの通り、コンパクトに収納できます。

写真はSONY のバッテリーですが、CanonやNikonのバッテリーも収納できます。

SONY NP-FW50 と Canon LP-E6を入れてみました。

4個用もありますし、単三充電池のケースもありますよ〜(ノ^^)ノ

予備バッテリーの整理も忘れずに$(^_^)$

 

今回、プロフォトグラファーの諸永氏の使っているバッグについて、お話をお聞きして、

名言!が出た!って思ってしまいました。
「必要な物だけを持ち歩く。をその都度入れ替えている。カメラのメンテナンスできるから!」

一般的には、1つのバッグに入れっぱなし。だと思いますが、

その日の、撮影状況によってバッグを変える、機材を最小限にする。

カメラのメンテもできるってのは、私も良いこと聞いてしまいました(^^♪

都度、バッグに入れ替えて、機材のメンテナンスをすることで、撮影中に故障など
したことがないと話されていました。

みなさん!メモしてくださいよ~$(^_^)$、是非、真似ちゃいましょう(ノ^^)ノ。

お忙しい中、ありがとうございました(ノ^^)ノ

 

5.まとめ

 

私の使い方としては。

気軽に撮影をしたい時は、カメラ1台でショルダー・メッセンジャータイプを使い。

少しだけ機材を持ち歩きたい時は、バッグパックタイプを使う。

遠征時には、f.64のバッグに全ての機材を収納して

現地で必要な機材をバッグパックに移して、移動して撮影する。

 

安い物でも使いやすいバッグは沢山ありますが!

クッション素材が薄かったり、耐久性に欠けることがあります。

もちろん、コスパ良く長持ちする物もあります。

 

高い物は、高ければいい物とも限りません。

自分の機材と、総重量等を考えて購入することが必要になります。

 

大手量販店などで、色々と見て触って、担いで。

素材、質感などを見て回ることもできればおすすめします(^^♪

 

今回の記事が少しでも皆さまの参考になればいいな~~~~って
思っています(^^♪

お気に入りの、バッグを使って写した写真は、
PASHADELICに投稿をお待ちしていますね(*゚ー゚)v

そして待望のPashadelic iOS APP が完成しました。
Pashadelic APPからも沢山の投稿をお待ちしています(((o(*゚▽゚*)o)))

 

※KATA商品写真は、マンフロット社より許可を得て使用しています。