カメラを購入すると、ストラップは必ずついてきますが
純正品以外にこれがあるといいと思うストラップを
ご紹介します。

1、純正

 

純正は、長さ700mm(革の接合部から)幅28mm  両端テープ幅10mm(筆者計測)
ミラーレスなので細めです。
キャノンやニコンであればもう少し幅も太いですね。

2、アルティザン&アーティスト

2種類ご紹介します。

イージースライダー E38

こちらは大きさや重いカメラには最適だと思います。
イージースライダーと言って、ストラップの長さを変更することが可能です。
長さ 最短640mm 最長1180mm 幅370mm 両端テープ幅11mm(筆者計測)

 

イージースライダーE25N

写真の両端テープが6mmと非常に細かったのですが、
今回10mm幅が発売になっていたのでリンクは10mm幅になっています。
長さ 最短800mm 最長1350mm  幅250mm 両端テープ幅6mm

イージースライダーは、長さを変えることができるので、2台持ちをする場合に、
各ストラップの長さを変更すれば、2台が干渉することを防げます。

 

2、Peak Design

ここ数年、PeakDesign(ピークデザイン)を使っている方が
増えてきました。
ここの商品はカメラから簡単にストラップを外すことができ、
三脚にカメラを取り付けた時に、ストラップが邪魔にならないのです。

SL-T-2 [スライド サミット エディション タラック ネイビー]

長さ 最短1020mm 最長1460mm 幅45mm (筆者計測)
中間にクッション素材入ってます。
また、長さの調整は両方からできますし、調整後はずれないようにロック機能が
ついています。

L-AS-3 [リーシュ カメラストラップ アッシュ]

長さ 最短800mm 最長1400mm 幅20mm(筆者計測)
こちらも両端からの長さ調整が可能です。

この二本が少し違うところは。両端テープが無いことです。
ストラップ購入するとこれが入ってきます。

各ストラップに4つ付属します。
ストラップに種類によって、紐の部分が太いのと細いのがあります。
写真は細いものです。
これをカメラのストラップ部分に取り付けます。

ストラップに写真のようにはめ込んで、
紐(カメラ側)を引く。

写真のように「カチッ」とはまり外れなくなります。
外す時は、黒い丸の部分を押しながら上にスライドすると外れます。

三脚を使って撮影時に、ストラップは不要な時は簡単に外せちゃいます。

こんな感じになりますので、私のように夜撮影で、
レリーズやら、レンズヒーターやらバッテリーやらのケーブルと
絡まることもありません。

付属品に、三脚を取り付ける部分に写真下側のパーツをつけ、リングをつけることも
できます。
付属品や、ストラップを収納する巾着も付属しています。

また、写真左の黒いパーツは、RRS互換(アルカスイス互換)になっています。
他には、手首に巻いて使うストラップなども発売されています。

3、サクラスリング

こちらはカメラ女子にオススメできるストラップです。
もちろん男性にもオススメです。
サクラスリングのPVがありましたのでご覧ください。

PVの中では、鮮やかで華やかなスリングが紹介されていますね。
ついついどこかへ無くしてしまう、レンズキャップを
スリングの中に収納できるのもいいですね〜ヾ(^^ )

私の友人が使用しているサクラスリングを紹介します。

Photo by Koji Kato

 

こちらは、サクラスリングと山岸伸 氏による、コラボモデルです。
男性が使用するには、こんなシックな感じはいいですね。

Photo by Koji Kato

4、終わりに

誰もが使っていない、ストラップを使って、個性を出すのもいいですし。
機能的であることも必須になってきますね。
風景を撮影時に、邪魔になるストラップを簡単に外すことができればいい。
カメラを数台使う時に、カメラがぶつかるのを防ぐことができるのもいい。
カメラ女子も、カメラをカッコよくぶら下げるより、
スカーフのように、カメラを可愛く下げるにもいい!。

カメラのストラップは、多種多様にたくさんの種類があります。
その中から、自分に合った物を探すのは大変です。
でも、大切なカメラを守る物でもあります。

これを機会に、自分らしいストラップにこだわってみてはいががでしょう。

PASHADELICがリニューアルしました☆♪───O(≧∇≦)O────♪
スマホにも対応していますので、

個性溢れるストラップで撮影した写真を
PASHADELICへ投稿お待ちしていますヾ(^^ )