はじめに

今回は棚田と雲海で有名な、新潟県十日町市にある星峠と、美人林について、調べてみました。

1.  星峠

星峠の棚田は、十日町市を代表する棚田です。
大小様々な棚田約200枚がまるで魚の鱗のように斜面に広がっています。
雲海が発生し、水鏡が輝くベストシーズンには、その美しい風景を眺めようと全国各地から多くのカメラマンや観光客がこの地を訪れています。
四季折々・朝昼晩と様々な顔を見せてくれる星峠の棚田は、十日町市に点在する棚田の中でも最も人気がある棚田スポットです。

参照 十日町市観光協会 どきどき十日町

こちらは2016年12月29日06:49にIizukaさんが撮影された、星峠の写真です。星峠は日本有数の豪雪地帯十日町にあります。
1月以降は厳しい冬が始まり除雪されないので、立ち入りが難しくなります。


Photograph by Mr. Masahiro Iizuka

 

こちらはKojimaさんが2017年4月22日19:52に、撮影された星峠の写真です。

Photograph by Mr. Tomoyuki Kojima

 

こちらはOnoさんが2017年05月2日3:59に撮影された、鍋立山登山口からの星峠の棚田です。

Photograph by Mr. Yukihito Ono

 

2. 美人林

松口の丘陵に樹齢約90年ほどのブナの木が一面に生い茂り、そのブナの立ち姿がとても美しいことから「美人林」と呼ばれるようになりました。
昭和初期、木炭にするためすべて伐採され裸山になりました。
ところがあるとき、この山のブナの若芽が一斉に生えだし、ブナ林が野鳥の生息地として見直され、美人林が保護されるようになりました。
全国から写真愛好家が集まる、人気の観光スポットです。

春は残雪がある中に芽吹く若葉が、確かな春の訪れを教えてくれます。
夏は鮮やかな緑に包まれ、ブナの木の間を吹き抜ける爽やかな風を感じることができます。
秋には黄色やオレンジ、赤色に葉が染まり、まるで絵画の中にいるような美しい空間に魅了されることでしょう。
冬はまさに”銀世界”という言葉がぴったりな世界に。晴れた日には日の光を浴びた雪がキラキラと光ります。

参照  十日町市観光協会 どきどき十日町 美人林

こちらはPASHADELIC 創設者のKenji Yamamuraさんが、2015年5月5 日7:15に、撮影された美人林です。

Photograph by Mr. Kenji Yamamura

こちらは2015年月5月10日 5:12に、Teraoさんが撮影された
朝もやと美人林の池です。

Photograph by Mr. Akihito Terao

 

3. 清津峡

 

雄大な岩礁と清流からなる日本有数の景勝地「清津峡」。
昭和24年9月に国立公園に指定され、その荘厳なる閃緑ひん岩と柱状節理の美しさから、黒部峡谷、大杉谷とともに日本三大峡谷の一つに数えられています。
清津川を挟んで切り立つ巨大な岸壁がV字型の大峡谷をつくり、雄大な柱状節理の岩肌とエメラルドグリーンの清流が、訪れる人々に深い感動を与えます。
観賞用として「清津峡峡谷トンネル」があり、中にある4つの見晴所から雄大な渓谷美を堪能できます。

参照 日本三大渓谷 清津峡

こちらはKitanoさんが2014年11月2日9:23に撮影された、清津峡の写真です。

Photograph by Mr. Tamotsu Kitano

 

こちらはSuzukiさんが2015年11月5日 14:10に、清津峡で撮影された写真です。

Photograph by Mr. Hiroshi Suzuki

 

まとめ

 

PASHADELIC に登録すると、世界中の美しい風景写真をご覧になれます。写真を投稿すると、紹介されるチャンスもあります。
新しく開設された、FBサイト「旬なニュースを写真で伝える」にも、タイムリーな撮影場所の紹介があります。
PASHADELICでは、皆様からの旬な写真も募集しています。ぜひご参加ください。私もPASHADELIC メンバーなので、投稿してみます。
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。 ^-^*