夏の撮影で、酷使した三脚たち!
川の中へ三脚をいれた方!
海の中へ三脚をいれた方!
湿気の多い場所で三脚を使った方!
もしかして、車の中に入れっぱなし。
何もしないで、そのまま放置!
ダメですよ。
その三脚、匂いを嗅いでください。。
きっとクリーニングしたくなります!

1、三脚の分解

最近はカーボンを使う方も多くなっていますが。
基本的な構造はアルミもカーボンも同じです。

ネジ込み式

写真の三脚はSLIK グランドマスタースポーツです。
三脚は3段か4段ありますが分解方法は同じです。
まず、この様に全てを分解しましょう。
外した部品は紛失しないようにしてください。

まず、三脚の部品を確認します。
ゴムのついたネジに亀裂などないか確認し、
ネジ部分に砂やゴミがあれば、使い古しの歯ブラシなどで除去しましょう。
取れないばあいは、ぬるま湯を使い、洗います。
私はこの時に、シャンプーを使います。
油分が取れやすいので。(シャンプーが良いか悪るいかわかりません)
白いプラスチックの部品も同じように洗います。
と、同時に三脚の脚も同じ様に洗います。
ホームセンターやカー用品店で販売している
パーツクリーナーでネジ山の清掃に使えます。
もしこの時に白い部品に亀裂や破損があれば、メーカーへ注文して、
新しい物と交換しましょう。

全ての部品を完全に乾かします。
脚の中がなかなか乾かない場合は。

ウエットティッシュを乾燥させて3つ程繋ぎます。
(薄めのタオルなど使ってもOKですが、細い脚でも使える物を)
最後に紐を付けて錘になる物をつけます。
繋ぎ方は、ホッチキスでバチンバチンと。
錘を脚の中にいれて出て来た錘をひっぱります。
この作業を数回繰り返します。

では。組み立て。
組み立てに必要な物は、グリスです。
各メーカー毎に販売されていると思いますが、
メーカーのは油性でなかなか洗っても取れないので
私は、地球に優しいシリコングリスを使っています。
防水性のもあります。

こんな感じでグリスを塗布して指でまんべんなく伸ばして、
ネジをねじ込めば完了です。

SLIKグリス

GITZOグリス

KURE シリコングリースメイト

 

カーボンの場合

脚を洗う場合は、極力柔らかいタオルなどに、
中性洗剤を着けて拭きましょう。
脚に傷がつくと折れの原因になります。

カーボンは写真の様に、白いパーツがあります。
この上部分が

このように外れます。カーボンもこの部分と写真左の部分が
破損することが多いです。
破損した場合は、脚を伸ばした時に止まることなく
抜けてしまう原因になります。
これも、各メーカーで部品の購入ができます。
まれに、脚の穴が破損している場合がありますので
この場合はメーカーで交換修理しましょう。

パーツを注文するとこんな感じでパーツが届きます!

ワンタッチ式

ワンタッチ式は、脚を伸ばしたりする時には、
簡単な作業ですが、砂やゴミなどが入りやすく、
ワンタッチ部分が壊れることがあります。
それを事前に防ぐため分解しましょう。

今回はマンフロット社のこのカーボン。

こんな感じになります。
ワンタッチ式は

この部分にネジがあれば容易に分解できます。
分解をしたら、他と同じようにクリーニングします。

ワンタッチ部品も極力分解して
1つづつ綺麗にしましょう。

ネジ式と同じように(色は違いますが)

分解するとこの様なプラスチックのパーツがあります。

このパーツが結構割れたりしますので、
メーカーへ注文しましょう。
私がこのパーツを注文したとき、予備もいれて
3セット注文したら、国内では2セットしか在庫なくて
不足分は船便で2ケ月かかります。
なんて言われたので、早めに点検しましょう。

分解した反対の手順で組んで完成です。

その他

1万円ぐらいまたは以内で買える三脚の場合、
写真の様なワンタッチ式が多いのですが、
この三脚は分解すことはできませんので、
メーカーへ送るか、新しくネジ式の購入をオススメします。
なぜネジ式がいいか?詳しくはこちらをみてくださいね⊂( ^-^)⊃

 

注意!

三脚は、一流と言われる国内国外メーカーが多々あります。が
古い三脚の場合はメーカーにも交換パーツが無い場合があります。
その為私の三脚は部品が無いのもあるので、某オークションで
同じ物を購入し部品取りにしています。
また、あまり聞いたことの無いメーカーの場合、
修理部品の購入ができない場合もありますので
注意してください。

メーカー修理サイト。

SLIK:  http://www.slik.co.jp/support/

Velbon: https://fs223.formasp.jp/y274/form2/

manfrotto/GITZO: https://www.manfrotto.jp/customer-service/spare-parts

kenko: http://www.kenko-tokina.co.jp/address.html

RRS:  https://ginichi.services/repair/
(RRSの修理に関しては日本の代理店 銀一 のサイトです)

Photopro 浅沼商会: https://www.asanumashoukai.co.jp/contact/

または、お近くのカメラ専門店からの修理・部品注文も
可能な場合がありますので、カメラ専門店にもお問い合わせください。

 

2、リフレッシュ!完成!

リフレッシュした三脚は嬉しいと思いますよ〜。
私は高校で購入した三脚を今も使っています。ので30年かな。

現在、カーボン2本、アルミ4本。こんだけなにに使うの?
ってぐらい三脚を所有しています。
この三脚の中でワンタッチは1本です。
他はすべてネジ式です。ネジ式はリフレッシュ・クリーニング・点検が
簡単にできるので。
こんだけの本数を、メーカーで点検して〜となると。。。。
なので極力自分の相棒は自分で!

さ。綺麗になった三脚で!
絶景を撮影に行きましょう!

絶景写真を撮影したら、
Pashadelicへ投稿をお待ちしていますヾ(^^ )