はじめに

京都には紅葉の名所がたくさんありますが、今回は3か所をご紹介します。

 

1.   毘沙門堂門跡

都七福神の一つ、毘沙門天を祀る天台宗の門跡寺院。
秋になると、檜皮葺の勅使門へと至る石畳の参道沿いから、池泉式庭園の「晩翠園」、本堂や、宸殿一帯など境内全域が、濃淡の緋色に染まります。
ドウダンツツジの朱赤も彩りを添え、山寺の鄙びた風情をいっそう引き立てます。
敷モミジの参道を踏みしめ風情ある山寺の秋を愛でに行ってみませんか。

所在地   京都府京都市山科区安朱稲荷山町18
拝観時間 8時30分~17時
2017年12月~2018年2月は~16時30分
アクセス  電車:JR・地下鉄各線山科駅より徒歩約20分
車:名神高速京都東ICより約10分
駐車場  10(参拝・拝観に限り無料)

参照   京都山科 毘沙門堂門跡

     関西のおでかけ情報サイト EOおでかけ

 

Photograph by Mr. Hiroyuki Ikejima

 

Photograph by Mr. Koji Onoda

 

2.    永観堂

山の中腹にあり、境内の最も高い場所にある多宝塔を紅葉が包み込む幻想的な光景は必見です。
数ある京都紅葉名所の中でも、古今和歌集に「紅葉の永観堂」と詠まれるほどの紅葉の美しさで知られる。はりめぐらされた岩に紅葉が映える様子は、岩垣もみじと呼ばれています。
11月7日(火)から12月6日(水)まで行われる秋の夜間拝観では境内がライトアップされ、中央にある放生池や紅葉など、昼とは異なる幽玄的な紅葉を楽しめます。

参照  Walker+

 


Photograph by Mr. You Iwata

こちらはKimuraさんが2015年11月21日 午前11:02に撮影された永観堂禅林寺です。

Photograph by Mr. Hironori Kimura

こちらはHashimoto さんが撮影された永観堂禅林寺です。

Photograph by Mr. F. Hashimoto

 

永観堂

所在地  〒606-8445  京都府京都市左京区永観堂町48

アクセス  JR京都駅から市バスで30分
地下鉄東西線蹴上駅から徒歩で15分

時 間:・寺宝展 午前9時 ~ 午後4時(午後5時閉門)
・ライトアップ 午後5時30分 ~ 午後8時30分(午後9時閉門)

寺宝展とライトアップは入替制で、継続しての拝観はできません
拝観料:・寺宝展 大人1000円 小中高生400円
・ライトアップ 中学生以上600円

参照  じゃらん 永観堂

参照  Ajisai Sakura Tabi

 

3.    天授庵

南禅寺天授庵は昨年の鉄道会社のCMでも紹介され話題になりました。
南禅寺の中でも、特に見どころの多い寺院です。日本の古都、京都らしさや独特の雰囲気を味わうことができて、自然も十分堪能することができます。木々の緑、池の亀、鳥にも癒されます。
紅葉の時期には夜間拝観も行われており、
ライトアップされた紅葉は昼の鮮やかさとは違った妖艶な美しさに変わります。

参照  じゃらん 天授庵

 
Photograph by Mr. Hiroki Kondo
Photograph by Mr. Hiroki Kondo

 

南禅寺天授庵

所在地  〒606-8435 京都府京都市左京区南禅寺福地町   86-8

アクセス 地下鉄東西線蹴上駅下車
       市バス岡崎法勝寺町又は南禅寺永観堂道前下車
拝観時間:9:00~17:00 冬期(11月15日~)は~16:30
休業日:   11月11日午後~12日午前中(行事)、
その他臨時行事時

まとめ

それぞれの紅葉に、風情があってとても美しいですね。
まだまだ名所があるので、またご紹介します。

PASHADELIC に登録すると、世界中の美しい風景写真をご覧になれます。写真を投稿すると、紹介されるチャンスもあります。
新しく開設された、FBサイト「旬なニュースを写真で伝える」にも、タイムリーな撮影場所の紹介があります。
PASHADELICでは、皆様からの旬な写真も募集しています。ぜひご参加ください。私もPASHADELIC メンバーなので、投稿してみます。
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。 ^-^*