心奪われるほど美しい建造物と美味しいスイーツ・・・どちらも揃っているベルギーは、女性が好む旅行先でしょう。ベルギーは、フランス、オランダ、ルクセンブルクに隣接した西ヨーロッパに位置している都市です。首都はブリュッセルで、欧州のほぼ中央に位置する場所にあり、EUの主要機関の多くがブリュッセルに置かれているので「EUの首都」とも呼ばれています。

今回は、ブリュッセルを訪れるなら必ず立ち寄る場所で、1998年にユネスコの世界遺産に登録された『世界で最も美しい広場』についてご紹介します。

 

グラン・プラス


Photo by Akiko Miyazaki

文豪ヴィクトル・ユゴーが「世界で最も美しい広場」と呼んだ大広場『グラン・プラス』は、ベルギーの首都ブリュッセルの中心にあります。グラン・プラスは、王位の継承や法律の布告など、さまざまな儀式が行われた美しい広場なのですが、華やかな出来事ばかりに彩られていたわけではありません。数々の貴族やプロテスタントの最初の殉教者たちである者などが処刑された場所でもあるのです。

現在は、この「世界で最も美しい広場」に世界中から観光客が訪れ、とても賑わっています。また、ほぼ毎日のように花市や小鳥市が開かれているので、これらが広場をさらに美しく彩っているかのようです。

 

グラン・プラスのシンボル


Photo by Fred Hendrickx

この荘厳な建物が、なんと『市庁舎』なんです!ブリュッセルを代表する建造物のひとつと言われています。グラン・プラスを訪れたなら、絶対に撮影すべき建造物です!

15世紀にフランボワイヤン(後期フランス・ゴシック)様式で建設され、建物のバランス、彫像や塔の美しさは見る価値ありです。中央にある塔の高さは96mで、その先端にはブリュッセルの守護聖人・大天使ミカエルが輝いています。

また、市庁舎の建物全体の左右非対称であるところも見どころです。一見すると完璧なほど美しい姿ですが、実は先に左側が建てられ、後に右側と塔が追加されたため、左右は完全な対称ではありません。

 

王の家


Photo by Noritaka Hayashi

市庁舎の向かいにある『王の家』はもともと木造の建物で、12世紀からパンの市場だったことから、オランダ語で「パンの家」と呼ばれていました。しかし、15世紀に石造に建て替えられ、ブラバント公の行政庁が置かれたことにより「公の家」になり、さらに公がスペイン王になったことで「王の家」と呼ばれるようになりました。1695年にルイ14世率いるフランス軍の砲撃などで破壊されてしまい、現在の建物は1875年にネオゴシック様式で再建されたものとなります。

また、王の家は市立博物館になっていて、世界各地から「小便小僧」のための寄贈された、800着以上もの豪華な衣装を見ることができます。

 

ギルドハウス


Photo by 

15世紀の市庁舎や16世紀の王の家、ギルドハウスなどの歴史的建造物が、縦約110m×横約70mもある石畳の広場の四方を囲っています。1695年の大同盟戦争中にほとんどの建物は破壊されてしまったのですが、広場を囲んでいた家たちは、ギルドという手工業組合によって石造りで再建されたのです。

ギルドハウスは職人や商人の組合の集会所として使用されていています。壁の華麗な装飾や、それぞれの職業を表した紋章が掲げられているうえ、全ての建物にそれぞれ名前が付けられています。ギルドハウスを一軒ずつ巡って撮影していくのも楽しそうですね。

 

ライトアップ


Photo by 嘉政 吳

4〜9月までの期間限定で、日没からグラン・プラス全体がライトアップされます!広場を囲む建造物たちが光に照らされ、音と光のショーが繰り広げられます。こちらのショーは、毎晩21:30〜23:15の間に2回あり、15分ほどのものとなります。日没の時間によってショーの時間が変わるそうなので、事前にご確認ください。

Photo by Kobai Hayashi

ダイナミックな音楽に合わせて建築物を照らす光の色が変わり、浮かび上がる様子はとても幻想的です。昼と夜の景観の違いを楽しみましょう。また、この美しいライトアップされたグラン・プラス全体を撮影するために、広角レンズを持参することをおすすめします。

 

クリスマスマーケット

Photo by Fred Hendrickx

実は、音と光のショーはクリスマスでも見ることができます!グラン・プラスでは、クリスマスの時期にクリスマスマーケットが開催されます。それに合わせて、このショーは17時から平日は1時間に1回、週末は30分に1回の間隔で、15分間のショーが楽しめるのです。寒い季節なので長時間は厳しいかもしれませんが、ぜひともヨーロッパのクリスマスを味わって見たいですよね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
グラン・プラスには、他にもビール博物館やチョコレート博物館などもあり、老若男女楽しめる観光地です。また、周辺には老舗のレストランやカフェ、お土産屋などもあるので、街歩きも楽しめそうですね!