先日も記事として書きましたが、
青い池のライトアップが始まりました。
11月1日〜2018年3月31日まで。
この期間は毎日17時〜21時まで開催されます。
昨年は、雪が降り、冷え込むのが早く。
11月1日で水面が凍結しました。

昨年の青い池の様子


昨年の池を撮影に来たみなさんもリフレクションを期待してたようです。が。
今年は違います。
なにせ初雪降りましたが。
暖かい!11月6日に私も現地で撮影しましたが、4度。昼間の気温はまだ
二桁の気温。
なので、池は凍結していません!
リフレクションに期待です。

今年の青い池11月1日の様子

初日は月が見える夜になりました。
そして、水面には沢山の落ち葉。
これはこれで絵になる!

SSを2秒以上にると、風も強かったので
折角の落ち葉も動いてしまい。。。

こんな感じで動いてしまいました。

11月6日の様子

落ち葉も全体的に広がってました。
池の状態もいい感じです。
まだ月が早い時間に登るので左の雲の中には
月があります。。。
今年は星も撮影しやすいです。

ですがまだ天気の良い日に当たっていません。。。

 

服装・装備・お願い

服装

気温自体は暖かい!とは言っても。
青い池に2時間もいると寒いです。
防寒のズボン・上着・靴下・手袋・帽子は必需品。
ポットにコーヒーなんて入ってたら最高ですね。

装備

夜の青い池では、三脚は必須だと思います。
また、レリーズもあれば尚いいと思います。
もちろんのこと予備バッテリーは必需品。
レンズに関してはフルサイズで
20mm~200mmまで幅広く使えます。
夜間撮影で大切なことですが、明るすぎないライト。
最近はLEDが主流ですが、明るすぎる物は他の方への
迷惑になりますので。
オススメはこれです。

毎回毎回オススメしています。
Vixen SG-L01 天体観測用ですが、撮影では最高な商品。
赤いライトは星を撮影するには不可欠ですし
白に関しては真っ白ではなく、電球色なので
周りに迷惑をかけにくいのです。
しかの赤も電球色も光度を変えることができます。
使わないとわからないですが。絶対オススメです。

お願い

ここは観光地です。
17時〜20時ぐらいまでは観光バスの方々も多く来られます。

19時半頃です。
この場所がメインで全景を見れます。観光の方は10〜20分程で帰ります。
その時は、ここで三脚を立てて撮影しているみなさんは、
観光で来られる方々へ場所を譲っていただきたいと思います。

おわりに

今年はご覧の通り、水面がまだ凍結していません。
この凍結していないライトアップリフレクションを見れるのは、
ほんの2週間〜3週間です。
これはまだ皆さんもみていないしらない絶景と思います。
11月中に北海道へ来る方、道内の方!是非今のうちに!

青い池のリフレクション絶景を撮影して

Pashadelicへ投稿をお待ちしていますヾ(^^ )