女性に人気の海外旅行先『ベトナム』。美味しいベトナム料理におしゃれなカフェ、美しい景色、かわいくて安い雑貨、オーダーメイドの洋服や靴も気軽に作ってもらえるなど、女性が好きそうな旅の要素がたくさんあります。

今回は、ベトナムを代表する有名な観光名所『ハロン湾』をご紹介します。

 

ハロン湾

Photo by Suavibobpeb Yaaj

ベトナムの首都ハノイから165km、ベトナム北部クアンニン省に位置する『ハロン湾』は、1994年にユネスコの世界自然遺産に指定されました。

 

海の桂林


Photo by Alberto Mattioli

広大な湾内に、独特の奇岩群で知られる石灰岩が大小約3000も並び、神秘的な景観が特徴です。これらの石灰岩はまるで彫刻作品のようでありながら、太陽の位置によって輝きが変化し、悪天候でもまた趣のある雰囲気を醸し出す、まさに自然の織りなすアートです。圧巻のこの風景は、水墨画のような雰囲気のため「海の桂林」とも呼ばれています。

 

龍が降り立った場所


Photo by Luke Scicluna

「ハロン」の地名の由来は、ある伝説からきているようです。漢字でハロンとは「下龍」と書き、「龍が降り立った場所」という意味です。昔、ベトナムが隣国の中国からの度重なる侵攻に苦しんでいた時、龍の親子が空から舞い降り、敵に向かって口から宝玉を放って侵略を阻止しました。その宝玉が大小の奇岩に姿を変えて海面に突き刺さり、それ以降も外敵からの侵入を防いだと伝えられています。

 

おすすめはクルーズ船宿泊


Photo by Luke Scicluna

多くの観光客から人気があるのは「ハロン湾クルーズ」です。クルーズには日帰りとクルーズ船宿泊の2つのプランがあります。しかし、日帰りのプランの場合は、短時間でさまざまな場所を巡ることになり、ハロン湾を真の美しさを知るには足りないかもしれません。


Photo by Luke Scicluna

一方、クルーズ船宿泊の場合は、日帰りプランよりも多くの場所を巡ることができる上に、世界自然遺産の中心で一晩を過ごすという体験ができます!また、日中から夕日、マジックアワー、星空、朝日と、ハロン湾と変わりゆく空の様子を見られることが最大の魅力です。きっと、シャッターチャンスもたくさんあることでしょう。

 

ベストシーズン


Photo by Luke Scicluna

一般的に乾季は11月から4月となり、ベストなシーズンと言えるでしょう。とくに11月・12月は晴天が多いため、美しい景色の撮影ができます。12月から3月は涼しく過ごしやすいですが、冷え込むこともあるので上着を持参することをおすすめします。雨季の5月から10月は雨量が多く、激しいスコールが降りますが、一日中降り続けることは滅多にありません。9、10月は台風が多くなり、クルーズ船も欠航になることもあるので気をつけてください。

 

まとめ


Photo by Tae Kim

いかがでしたでしょうか?
クルーズ船に宿泊して、世界遺産の中で夜明けを待つなんて、とても贅沢な経験ですよね!私はハノイまでいったものの、ハロン湾は悪天候のために諦めてしまいました。たとえ晴れていなくても雨が降っていない限りは、味のある良い写真が撮影できると思います。