はじめに

寸又峡(すまたきょう)は、「21世紀に残したい日本の自然100選」、「新日本観光百選」にも選ばれた、日本を代表する景勝地です。特に、新緑と紅葉の時期に人気が高いです。

集落も風情があるので、ぜひ早めに予約して、ひなびた温泉宿の雰囲気を、あじわってみてください。

大井川鐡道のそれぞれの駅舎も味わい深く、他の吊り橋もみごとです。大人も子供も、数日間楽しめる滞在になることでしょう。

トーマス列車と記念撮影できる千頭駅(せんずえき)もあります。

 

1.    寸又峡 夢の吊り橋

2017年11月11日 午前5:20起床、雨の中を出発したので、多くの人が訪れる前に撮影できました。
往復2時間の山道ですが、眼下にひろがる美しい森に癒されます。
橋に到着したころには、雨があがり、しっとりと濡れた紅葉が美しい渓谷でした。
長さ90m、高さ8mの橋で、エメラルドグリーンの湖面の上を歩くのは、スリル満点です。


Photograph by Noe Arai

 

集落にある駐車場から、約1時間山道をくだってくると、夢の吊り橋にたどりつきます。
一度に10人くらいまでと書いてあるので、紅葉時期の日中は、1時間待ちなどになります。できれば前の日に泊って、夜明け前から歩き始めましょう。

Photograph by Noe Arai

こちらは夢の吊り橋の入口部分を、正面からみたところです。
風が吹くと揺れるので、手すりから手を離さないようにしましょう。
コバルトブルーの水がとても美しいです。
温泉としても有名で、トロトロのコラーゲンの中にいるような感じです。美人の湯と呼ばれています。


Photograph by Noe Arai

こちらは橋の上から横をみた写真です。
落ち葉が水の上にひろがって美しいですね。

Photograph by Noe Arai

吊り橋の上から横をみると、細い支えがみえます。

木造の橋で、人ひとりしか歩けない幅ですが、中央付近にすれ違える場所があります。

Photograph by Noe Arai

 

2.大井川鐡道 南アルプスあぷとライン

 

大井川上流部・奥大井の渓谷をゆっくりと走る、日本唯一のアプト式電車、南アルプスあぷとライン。

大井川鐵道井川線とも呼び、大井川水系のダム建設のために作られました。今は奥大井の観光列車として運行しています。

90パーミルという日本一の急勾配や、日本一の高さの鉄道橋(関の沢橋梁)、せっそ湖に浮かんだように見える湖上駅など、見どころがたくさんあります。赤いトロッコ号が登山列車の気分をもりあげます。

参照  大井川鐡道

 

Photograph by Noe Arai

 

3.   塩郷の吊り橋

静岡県の中央部に位置する川根本町。ここを流れる大井川は、「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と古くには詠まれたほど東海道屈指の難所の川と言われました。

しかし現在では多くの綺麗な吊り橋が架かり、景色とスリルを楽しむために、はばひろい年齢層の観光客が訪れます。

参照 Travel.jp

 

Photograph by Noe Arai

 

まとめ

PASHADELIC に登録すると、世界中の美しい風景写真をご覧になれます。写真を投稿すると、紹介されるチャンスもあります。
新しく開設された、FBサイト「旬なニュースを写真で伝える」にも、タイムリーな撮影場所の紹介があります。

PASHADELICでは、皆様からの旬な写真も募集しています。ぜひご参加ください。私もPASHADELIC メンバーなので、投稿してみます。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。^-^*