デジタルカメラはかつての世代が変わるごとに旧機種が完全にかすんでしまうような、急速な成長が続く時期は終わりました。相対的に1つの機種が長く使えるようになってきています。

ですがそれでも少しずつつカメラは成長し続けています。定期的に装備の見直しをする価値はあると思います。

今回はちょっと趣を変えて、いろんな層のユーザーに、今、お勧めの一台をピックアップしてご紹介します。ボーナスのタイミングで自分へのご褒美カメラはいかがでしょう?

スマホからのステップアップに

キヤノンPowerShot G9 X MarkIIの情報ページ

今は写真を本格的に始めてみようと思われる方のかなりの割合は、恐らく写真に初めて触れたのはスマートフォン、というケースが増えていることでしょう。

今のスマートフォンのカメラはすごく性能も画質も良くなっていて、ディテイルが溶けてしまうような描写や、色の濁り、細部のざらつきなどの、いわゆる「携帯くさい画質」はすっかり過去のものになりました。

ですが、スマートフォンのカメラで出来る表現にはやっぱり限界があります

スマートフォンのカメラで使われるイメージセンサーは大きくても1/2.3型、普及機だと1/3型といった小型センサーが使われています。加えてスマートフォンのカメラには絞りがありません。

センサーが小さいので本質的にぼかすことが出来ませんし、絞りの調節でボケのコントロールも出来ません。

ボケを活かした絵作りは写真撮影の醍醐味の一つです。そういったより本格的な写真を楽しむには、大きなイメージセンサーを搭載した機種が適しています。

ただ、スマートフォンからステップアップするときには大きすぎるカメラは負担になると思いますので、コンパクトな本体である程度の大きさのセンサーを搭載した1型センサー搭載の高級コンパクトデジカメがおすすめになると思います。

そんな中でも本格的な画質と使い勝手、性能を実現しつつ、非常にコンパクトな本体を実現した「キヤノンPowerShot G9 X MarkII」はおすすめ機種の一台です。

1型センサー搭載機は「ほどほどにボケる」ぐらいのカメラですので、初めてボケを使った絵作りをする人には馴染みやすいカメラになってくれると思います。

初めてのレンズ交換式カメラ

オリンパスPEN E-PL8の情報ページ

本格的なカメラを使ってみたいと思われるときには「レンズ交換」自体に憧れるユーザーも多いと思います。

レンズを交換することで違う世界を見る・撮ることが出来るレンズ交換式のカメラは、レンズの分だけ世界がある、と言っても良いぐらいに新しい体験をもたらしてくれる存在になってくれます。

レンズ交換式のカメラのネックの一つは、交換レンズを持つ分だけどうしても撮影の際の荷物のボリュームが大きくなってしまうこと。

現存するレンズ交換式のデジタルカメラは基本全て大きなイメージセンサーを搭載していて、カメラ本体もコンパクトデジカメよりはどうしても大きめで、加えてレンズもかなり大きくなります。

そんな中でもかなりコンパクトなカメラ本体、レンズを実現しやすいのが「マイクロフォーサーズ」規格のカメラです。

マイクロフォーサイズ規格に準拠したカメラのひとつで、高い画質とおしゃれで高級感もある独特のデザインを実現したカメラが「オリンパスPEN E-PL8

どこかレトロなようなそれでいて新しい、小さな本体ながら存在感のあるカメラになっています。男性が持っても女性が手にしても違和感のないカメラです。

動きモノ最強ミラーレス一眼

ソニーのα9の情報ページ

ミラーレス一眼は、イメージセンサーで捉えた映像を写真を生成するのとほぼ同じプロセスを経て画像化し、背面液晶パネルやファインダーの中の小型パネルに表示します。

この画像(≒動画)を確認しながら撮影する訳です。

この部分がミラーレス一眼のメリットでもありデメリットにもなる部分なのですが、画像処理を行なう分、表示にはわずかながら遅延が発生しますし、今の表示方式だと1秒間に表示できる「コマ数」にも限界があります。

また、シャッターを切って写真を記録するタイミングでファインダーの表示がブラックアウトする難点があります。

これらが原因で、今まではずっとミラーレス一眼は動きモノ撮影には向かないとされてきました。

ですがここに来てミラーレス一眼の性能が大きく上がり、全く問題なく動きモノ撮影に活用できるカメラも増えています。

その中でも頭一つ抜けて強力なカメラが「ソニーα9」です。

ソニー独自の「積層型CMOSセンサー」の機能により、なんと「ブラックアウトフリー」のファインダー表示を実現してしまいました。

一眼レフの光学ファインダーでも撮影時にはミラーが上がる関係でブラックアウトはなくせません。この部分ではα9は遂に一眼レフを超えてきた訳です。

さらにAFも強く、連写のスペックに至っては「強烈」と言った方が良い性能を備えています。

ミラーレス一眼の使い勝手とコンパクトさ、動きモノ撮影への適応性が欲しい方にはおすすめの一台です。

やっぱり一眼レフにあこがれる入門者のみなさんへ

キヤノンのEOS Kiss X9の情報ページ

ミラーレス一眼も性能が非常に良くなって、オールマイティにどんな被写体にも対応できるようになりました。ですが、やっぱり一眼レフの光学式のファインダーに憧れるユーザーも多いかもしれません。

そんな方たちが初めて一眼レフを手にするのに適しているカメラが「EOS Kiss X9」です。

初めて一眼レフを手にする人たちにとって一番大きな障害になると思われるのが、一眼レフのその本体のサイズです。

ミラーレス一眼やコンパクトデジカメに比べてすごくボリュームのあるゴロンとしたサイズ感は、初めて見た人にはちょっと驚きすらあるかもしれませんね。

そんなデジタル一眼レフの中では非常に小さく軽い本体を実現したのがEOS Kiss X9です。

この系統の一つ前のカメラであるEOS Kiss X7を店頭で試したことがありますが、著者は実機ではなくモックアップかな?と、素で勘違いしました。

それぐらいに軽いカメラに仕上がっていました。新機種であるEOS Kiss X9も同レベルの小ささと軽さです。

一眼レフとして光学ファインダーを「覗き」ながら撮影するのが一般的な使い方ですが、EOS Kiss X9ではミラーレス一眼のように背面液晶を使っての撮影もそつなくこなせるカメラです。

キヤノンのEOSシリーズの膨大な交換レンズ群をフル活用できますので、一眼レフの入門からプロ並の撮影まで対応できる懐の広さも魅力です。

The オールマイティ。今一番旬なデジタル一眼レフ

ニコンD850の情報ページ

今までのデジタル一眼レフ、ミラーレス一眼のカメラボディーの流れとしては、高画素数で緻密な画像を撮影可能だけれど連写速度が遅めな画質追求機、それと画素数はやや控えめながら連写速度などを上げた機動性重視の2つの系統のカメラを用意する形が一般的でした。

最も典型的なのが、キヤノンのEOS 5DsシリーズとEOS 5シリーズの住み分けのパターンでしょうか。

このやり方は一見合理的に見えますが、両方の使い方を追求したいユーザーは二重の投資を迫られたり、どちらかを諦める必要がありました。

ならばその両方を取ってしまえ、という大胆な戦略をとったの「ニコンD850」です。

4,500万画素以上の超高解像度と、オプションとの組み合わせで最大毎秒9コマの高速連写を両立していしまいました。

画素数が増える、連写速度が上がる、はどちらとも単位時間内に処理しなければならないデータ量が一気に増えるため、カメラの基本性能全ての底上げが必要です。

D850はそれの両立を高い次元で実現してしまった意欲作ですね。

このカメラが今まではなかった「高精細な動きモノ撮影」のジャンルを新たに切り開いてくれるかもしれません。

間違いなく今一番旬なデジタル一眼レフです。

さすがに価格は高めですが、1台で非常の幅広い撮影に対応できるまさにオールマイティな一台です。

この機会に機材のアップグレードも

スマートフォンの写真しか知らなかったユーザーは、本格的な画質・性能を持つカメラを一度手にすると、撮れる世界の違いに驚かれることでしょう。

レンズ交換式のカメラならば、レンズを追加することでどんどん世界も広がります。

また、既に本格的に写真の世界に乗り出している方も、機材のアップグレードで撮れる写真の内容まで一新することが出来るかもしれません。

機材の性能の成長速度がそろそろ落ちて成熟が進むと思われたデジタルカメラも、まだまだ伸びる余地があるようです。

かつての倍々ゲームのようなペースで性能・画質が伸びる時期は終わって、デジタルカメラが長く使えるようになっていますが、それでも最新の機種がその時点での最高性能を持つという点は今も同じです。

ご自分へのご褒美の意味合いも込めて、定期的に機材の見直しを図る価値はあると思います。