三脚を使うと雲台も必要になります。
もしも、雲台が1つで三脚が二本持っている時。
急にこっちの三脚に雲台をつけたい!そんな時。
みなさんはどうしていますか?
ちょっと面倒な雲台の移動を簡単にするアイテムを紹介します。

1、クイックリリースクランプ

今回購入したクイックリリースクランプは、こんな感じの梱包されてます。

某大手通販サイトで購入し、約1週間〜2週間で到着します。
隣国から直接郵便で届きます。

開封するとこんな感じのクランプです。
赤い突起はロック機能なので、クランプを解除していても、
赤いボタンを押さないとプレートは外れません。

プレートを外すとこんな感じになっています。
クランプ中央は大ネジと言われる 3/8インチ。
プレートは小ネジと言われる 1/4インチ。
今回はこれを使います。
アルカスイス・RRS互換品です。
[MENGS] P50 アルミニウム合金 クイックリリースクランプ+クイックリリースプレート

2、取り付け方法

大抵の三脚で使われいるネジは 小ネジ 1/4インチです。
その為、プレートの中央ネジを大ネジから小ネジへ変更が必要です。
この場合はこちらを購入!

今回はNEEWERの大ネジを小ネジに変換するネジ。
使われている方も多いと思います。
今回の変換ネジはこちらから「NEEWER 変換ネジアダプター
10個入りも20個入りも値段が一緒・・・・。
この変換ネジを取り付けますが、
この時にこれがあると便利!

変換ネジ用のドライバー。
変換ネジをコインやドライバーでもOKですが、
力入りすぎて壊してしまうことも多々。。。
この変換ネジ用のドライバーは、凸の部分と凹の部分で用途が変わります。
凸の部分はこの時に使います。

凹の部分は、雲台の下から差し込んで、外す時に、
三脚側に変換ネジだけが残ってしまった場合に使います。
このドライバーは本当に重宝しますよ。
私は雲台を購入した時に付属されてたのですが、
大手カメラ量販店で、変換ネジに使うドライバーが
欲しい!
もしくは、この画像をみせてこれ欲しい!って
言えば手に入るそうです。
無くさないように、ストラップやキーホルダーをつけるといいと思います。

ちなみに、本来は、クランプに変換ネジを使う場合、
底からネジを使うのですが、今回は
あえて上から使っています。
この方が、しっかりとして、外れにくくなります。

変換ネジをつけたら。

こんな感じで取り付けします。(ボケボケ写真でごめんなさい。。。)

そして、雲台側には、

付属のプレートを取り付けます。
ここもみなさんコインを使うかたも多いのですが、
私は、こちらを使用しています。

これはコインドライバーと言って、本来は車用の工具です。
車のバッテリーの蓋などを外す際に使いますが、
これが、プレートの下のネジを締めるのに丁度いいし、
力も入ります。
コインドライバーはこちら。

そうしてクランプを緩めて、スライドさせて組みます。

しっかりと入ったらロックがかかり、外れなくなります。
その後、クラップをロックします。

これで完成です。
外す時は、クランプをリリースして、赤いボタンを押して
スライドさせて外します。

これを複数の三脚につければ取り外しも簡単になります。
三脚と雲台のぐらつきもありません。

3、応用

私は三脚を複数台持っています。
その為、雲台を外すのが面倒でした。
このクイックリリースクランプを8個買って、
全ての三脚に付けました。
もちろん三脚だけではなく、

こういった挟み込むタイプにも応用できます。
この場合は大ネジでしたので、クランプには、変換ネジを使っていません。
三脚と言われるもの全てに応用がききそうです。

私の冬場の使用例。

星撮影用のアルミ三脚が凍ってます。。。。

 

4、おわりに

今回ご紹介した方法は、お手軽にお安く作業がしやすいように、
自分でやっていることを紹介しました。
この方法も、高い三脚、雲台のメーカーには存在しています。が。
三脚と雲台で30万円も超えるものが買えないので、
数千円で今の機材に対応できるようにと考えてみました。
機材も、アイデア次第で作業が楽になりますよ⊂( ^-^)⊃

さてそろそろクリスマス。そしてすぐに
年末年始!
三脚の工夫次第で作業効率Upした機材で
絶景を撮影したら!

PASHADELICへの投稿をお待ちしていますね(*゚ー゚)v